2018年10月30日

第5回 千葉しぼり展示会 親子参加してきました!

こんばんは。ぶちゃです。

10月は色々と展示会やら制作やらで忙しい1か月でした・・・

体調不良にもなりつつ何とか乗り越えましたが、模型を楽しむにも健康第一で進めて行きたいですね。
後半ペースが落ちてしまいましたが、健康には留意し進めてまいりたいと思います。

既に1週間が過ぎ去りましたが、、10月20日(土)に千葉しぼり展示会に参加して参りました。

今の所、皆勤賞で参加しております・・・
この千葉しぼりさんの選手権は毎年自分に対して試練だと思っていますので、何のジャンルであろうと、参加していこうと心に決めております・・・☆

そして今回は、サークルSGRとしての参加ではなく、個人卓として、しかも親子卓で参加しました!
息子COOと二人で作品を並べるのは初ですね。

ミキシング選手権卓、一般卓共に1点ずつ展示いたしました。

今回あまり写真を撮らなかったので、、、うちらの作品紹介のみになってしまいますが、また千葉しぼり様からの作品紹介がなわれるかと思いますので、詳しくはそちらよりご覧いただけたら・・・と思います。

今回の参加作品はこちら。

ミキシング選手権作品

ぶちゃ:ネオカワサキ代表 ガンダムフルフロンターレ
 

COO:ニワトリ大国代表 コーチンガンダム
 

一般卓作品

ぶちゃ:樹液戦争(カブトムシ)
 

COO:ポケットの中の友情(ポケットの中の戦争のワンシーン
 

にて、参加いたしました。

で、先ほどもお伝えいたしましたが、初の親子卓であり・・・・なんと!初の親子でダブル受賞を致しました!

【ゴッドハンド賞】 COO:ポケットの中の友情

【敢闘賞】 ぶちゃ:樹液戦争

一般卓作品にて、二人で受賞することが出来ました!
嬉しいですね~。

自分としては、息子が受賞し前に呼ばれ立つ姿を見て、少々ウル(涙)っと来ちゃいました。

これだけ多くのモデラーさんが集まる中での受賞、ホント頑張ったね~!
息子であり今後もライバルとして頑張っていこうではないか。

さて、10月の3週連続の展示会も終わり、次回の展示会は・・・
11月23日(金)に予定しています、オオゴシトモエ先生のプラモデル教室メンバーによる「プラモデル文化祭」となります。
こちらもまた、近いうちにブログにて紹介しますのでお楽しみに☆

色々と展示会も過ぎましたが、現状かなり模型の負荷も高いです、、
冒頭にも書きましたように体調管理を優先して進めて行きますので~
これからも多くの作品を作りつつ無理なく楽しんで参ります☆


それとですね、、既に来年のホビーショーに向けて作品も制作に入っております。
来年も今年同様のメンバーに加え、北海道からの強力なモデラー様も賛同しますので、こちらの紹介も作品制作と共にお伝えしていきたいと思います。

最後になりますが~、、
数少ない私が今回千葉しぼり展示会にて撮影した写真を数枚並べておきます。

仲良くして頂けているモデラーさん達とのお話が多くて、写真と言うより会話を楽しみました^^
ではでは。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  


Posted by ぶちゃ at 19:08Comments(0)展示会・コンペ

2018年10月18日

カブトムシ制作記

こんにちは。ぶちゃです。

昨日から今日の二日間、体調不良でお休み貰っております・・・
ろうがんず杯の夜から高熱を出してしまい、、月曜火曜と外せない仕事がありながら無理しまして、水曜にダウンいたしました。
幸いインフルエンザでは無かったので良かったです。

ここ一ヶ月扁桃腺が腫れてしまっている事が原因で咳が止まらず熱を出してしまった感じです。
熱は落ち着きましたので、今日は一日安静し、週末の千葉しぼりに備えます。。

今日は、ろうがんず杯に向けて制作したカブトムシの制作記事をUPします。

 

今回のカブトムシ制作は・・・今まで以上に心を込めての制作が強かったです。

ワタクシぶちゃは、プラモデルのモデラー歴よりカブトムシ、クワガタのブリーダー歴の方が長く今でも現役です☆

ずっと触れ合ってきているカブトムシなので、模型からリアルを取り入れるのも容易ではありませんが、知識がある分細かい拘りに手を加える事が出来たのだと思っています。

なんでもそうですが、例えば「ガンプラは改造が出来るけどゾイドは改造が出来ない。」
これは単にガンダムは常日頃TVや多くの情報がある中で改造がしやすいが、ゾイドに関しては知識がない。これに尽きると思います。

ただ、リンゴの模型があったとしても、リンゴそっくりに塗装するには相当な塗装技術だと思います。。
慣れ親しんでしるから簡単に作れるってものでもなく、如何にその世界を知っているか?なのだと思います。

本題に戻りますが・・・
カブトムシ制作記。。まず、構想を立てる為、素組み状態のカブトムシを樹木に配置。
 
キットは2匹付いていますので、1箱分です。
作品を作る前に自分の中の構想は、樹液を取り合うカブトムシを描きたかったので、タイトルは樹液戦争としました。

 
樹木はスタイロフォームです。

枝分かれの分岐には、針金を入れ込みスチロールボンドで固定しました。


<樹木制作>

樹木制作は難航するかと思いましたが、以外にも簡単に進められました。

樹皮は紙粘土ではありますが、この紙粘土に樹皮の皺を入れなくてはなりません・・・

 
そこで使用したのが、ダイソーで購入が出来るカブトムシ用品「クヌギの皮」です。
非常に安く手に入ります。
注意:模型用で利用したものは、生体に戻すのは避けましょう。

 
上の写真は、まだ紙粘土を付けただけの状態。
(紙粘土塗布前に、液状パテでスタイロフォーム全体を塗っています)

方法は、簡単で、この樹皮を紙粘土に押し当てます・・・・
これを全面に繰り返すと樹木の表面が出来あがります。

 

ただ単に押し当てても実はリアルさが欠けてしまうんですね。
意外とスタンプっぽく見えてしまい、同じ皺が繰り返されている感じにもなってしまうので、なるべく複数枚の樹皮でランダムに押される方が良いかと思います。

 

最後に樹液の開口部を制作し、先ずは外観の完成。
乾燥して変形する可能性があるので、このまま2~3日は放置します。

<カブトムシの改修>
まず言える事が、躍動感が無い・・・
これは、標本となる基本ポーズに6本の足が固定されているからだと思いました。
また木に6本の足でガッチリしがみつかせる為にも爪が浮いてしまったりしますので、関節部に真鍮線を入れある程度曲がるように改修しました。(結構大変でした、、)

 

関節部に1mmのピンバイスで穴を開け1mmの真鍮線を通す地道な作業・・・。
最終的には、瞬着で固定しますので、スカスカでもOK。


どうしても気になる部分・・・・胸部の付け根部分。ですね。

 

まだ製作途中写真ですが、パテで制作し直しました。
本来は、ほぼ隙間が無い状態なので、この状態だと、模型感が強くなってしまうので。
また、ここのパテ部分がないと、上羽根のボールジョイントっぽい接合部が見えてしまうので、ちょっとリアルさが欠けます。

これで、おおまかな改修を終えたので、この時点で、一度上塗りをしてみました・・・

 

かなり、おもちゃ感があります^^;
この後ウェザリングをすればマシになると思いますが、、やり直しですね。
上羽根や胸部が綺麗過ぎます。
自然界は特にですが、上羽根がピカピカの完全個体は居ないし、飼育していても、上羽根に多少なディンプルは出ますので。
塗装はやり直し、全身に溶きパテを塗り表現を付けました。

 

なかなか良い感じに仕上がりました。
写真は既に塗装&ウェザリングまで終えてます(すみません、途中写真残してないだけです)

上羽根は、溶きパテを塗る前にリューターを使いディンプル(凹み)を入れてあります。

カブトムシの上羽根には、縦方向にうっすらと筋がありますので、溶きパテを塗り、筆で撫でてあげます。

胸部にも溶きパテを全体に塗り、こちらはメラミンスポンジなどで、全体をポンポン軽く叩き、鋳肌のように仕上げます。

こうする事でかなりリアル感が増すかと思われます。


<樹木の塗装>
今回はスピードモデルだったので、写真がほぼなくすみません。
結果からですが・・・
 
こんな感じです。

全体的にマホガニーでエアブラシ塗装し、凹凸部に合わせてブラウンやレッドブラウンなどで濃さに強弱をつけます。塗装後にファレフォのウォッシングを使い、グリーン&グレー系の色を使い全体的に塗りました。

下地が紙粘土なので塗料を吸われますが、黒系のウォッシングをしても真っ黒にはなりません。

苔部分は、テクスチャ塗料を使いドライブラシなどで付け加えました。

苔なので緑がメインですが、オレンジなども織り交ぜています。単色だとリアル感が無いので、補色を軽く入れるのが良いかと思います。(入れ過ぎ注意)


<カブトムシの設置>
ここは悩みました。。
どうやって樹木につけようか・・・

 
カブトムシが常に樹木に設置しているのは足とお尻・・・と言う事で、お尻の先端に真鍮線を長めに付け、そこを樹木に差し込むことで固定させる方法を取りました。
これで、完成☆
完成写真は最後にまとめてUPします。


長々と書きながらも、説明としては簡単に書いてしまっておりますが、、
今回は短い作成時間とは言え、かなりの失敗を繰り返しました。

良く知る物を作っている事でもありますし、作品の完成が自分の持つ知識の100%でないと完成とは認めたくなかった事でもあったかと思います。
それは他のジャンルでもそうですね。

今回の作品で、また新たに作品の世界が広がった気がします。

これからも色々とチャレンジして行けたらと思っています・・・・・で、、、、

ろうがんず杯の結果ですが、結果は残す事が出来ませんでした><ノ

ただ来年もまたチャレンジしようと思いますし、次回はクワガタで行こうと・・・思います・・・(懲りていない)

あと、このカブトムシの作品は、今週の土曜に開催されます千葉しぼり展示会の一般卓に展示いたしますので、お越しの際は是非ご覧いただけたらと思います。

ではでは。


 
 
 
  


Posted by ぶちゃ at 15:02Comments(0)展示会・コンペ

2018年10月13日

HMEに行ってまいりました!

こんばんは。ぶちゃです。

風邪引きました・・・。扁桃腺が腫れてしまって、、咳が止まらんとです。。
そんなこんなで、明日は、ろうがんず杯に行ってまいります^^;
勿論マスクしていきまよ~。

で、今日のUPは先週になりますが、札幌にて開催されましたHMEに行ってまいりました。

今年で3年目となります。

これまで同様に、羅心会さんの卓にSGR作品を置かせてもらっております。

卓名も、タカ8さんのご厚意で「羅心会 With S.G.R」と入れさせてもらっております。

毎度毎度有難うございますっ!

 

今年の羅心会さんの卓では、今まで見た事のないような展示でして・・・卓の半分がジオラマ!
また、ツイッターでも有名なタカ8さんのガウの展示もあります!
同じ卓でこれ程の大作が並ぶのは大変恐縮ですが、、楽しみましょう!

今年のHMEは時期が異例でして10月7日~8日でした。
毎年の北海道遠征も旅行を兼ねて参加しておりますので、今年は10月6日~7日の二日間滞在いたしました。
で、10月6日は・・・ドムの日!でもありますが~、ワタクシぶちゃの誕生日でもあります☆

今回は夕飯時に、SGRメンバーのRe-co,COOからサプライズ頂き、誕生日ケーキやら贅沢にディナーを頂きました!ありがとう~~~
(めっちゃお腹いっぱいになったね・・・^^;)

さてさて、、こちら模型ブログなので、、話を戻します、、
HMEは初日のみの来場でしたが、当日は台風の心配もある中の開催ですが、モデラー陣で吹き飛ばしたかのように温帯低気圧に替えてやりました。
まるで先日のワンフェスの時のように弾いてやったぜ。
今年は、多く見て回ることが出来なかったのですが~、、
模型仲間とも楽しく談義が出来ました^^

 
4年ほど前に、模型ショップてづかにて知り合いましたkobarutoさんも個人卓で展示☆
また、模型の前に・・・モンハンと言う異世界から知り合いましたまさぼんさんともお会いできました^^;
 
COO,kobarutoさん、まさぼんさん、ぶちゃ

 
わさんぼんさんとの交流もあり、現場ではMk-IIIさんやグリさん、ぐっさんなどもにお会いできました~
アーリーチョップさんとも、以前千葉しぼりでお話させてから面識頂き、今年もかっちょいい作品を拝見させてもらいました~。
来週の千葉しぼりでもお会いすると思いますが(笑)

そして・・・

今年のHME大賞は・・・!羅心会さんでした!!おめでとうございます!

ジオラマの演出や大迫力のガウもタカ8さんの力あって事ですね。

これまでの苦労も、協力させて頂きながら感じておりました。その結果が報われた事でも、本当に心から嬉しく思います。

我々SGRの参加も、今年で最後と言う事で考えておりました。
その中で、ともに大賞となる卓に作品を置かせて頂けた事でも非常に光栄です。

<羅心会卓>
 

以上、HMEレポートでした!


これまで、模型旅行を兼ねた遠征をおこなっておりましたが、ここ5年は北海道がメインでした。

知り合う方々が非常に良い方々で、全国遠征計画というより・・・北海道に行きたい!その思いが強かった事は確かです。

5年前の「模型屋」に訪れたことがキッカケだったかもしれません。
コマッピーさんが経営される模型店で、そこで私が模型を始めるキッカケとも言える亡きdaimonさんのガトザクに逢えたこと。これがとても大きいですね。
 
その翌年からは、旭川への遠征が年一行事となり、ホビーショップてづかのGEKI店長との交流も始まり、タカ8さんやkobarutoさんなど、多くのモデラーさんとも知り合えました。

非常に居心地が良いんですね、、、居心地が。もちろん模型熱も頂いて帰ります(笑)

気付けば5年と言う事で北海道で落ち着いてしまった感があり、、そろそろ以前の模型遠征を全国各地、また飛び回りたいなぁと・・・

ここの所、体調を崩すことも多くあり、脳ドックの再検査には生きた心地がしませんでした、、
模型のモチベーションを保つことに精一杯になっている自分も時折あり、、

と、言う事で、、来年からはまだ足を踏み入れたことのない地域や展示会などに行こうと思います。

またいつか・・・北海道に帰ろう~と思います^^

・・・・・
明日は、ろうがんず杯!
キャラモノ以外のコンテスト参加は初めてなので、ドキドキ。。
私の作品が何かは・・・また次回以降公開ます^^
でわでわ!
  


Posted by ぶちゃ at 23:43Comments(4)展示会・コンペ

2018年09月30日

ホビーハイザック制作記

こんばんは。ぶちゃです。久々のUPとなります。

少々模型活動が忙しくなり、なかなかUP出来ませんでした。
ツイッターもサボり気味でしたが・・・

ここにきて余裕も出てきましたので、そろそろ溜めた作品たちを徐々に・・・出してまいります。

今日は、現在モデラーズギャラリーさんにて開催しております ホビーハイザックコンペ ついてまとめます。

その名の通りホビーハイザック限定のコンペですが、ハイザックを使用した自所有ホビーハイザックを作ると言った内容です。

私も以前から逆シャアのホビーハイザックを作成しようと考えていたのですが、こちらのコンペはその逆シャアのホビーハイザックを作ればいいって事ではないので路線は異なりますが・・・折角なのでオリジナル仕様で参加を決意としました。

色々と構想から入りまして、私自身が考える世界観で纏めた所、「アスリートMS」として独自の世界観で作り上げました。

完成からになりますが、こちら。
 
どうでしょうか?

カラーリングからして、何かを感じ取ってもらえれば・・・と言ったところですが、ガンダム的に言うと、アースノイドの短距離ランナーで有名なジャマイカの選手から・・・


等と言った設定です(笑)

アスリートMSと言う事で、戦場で活躍するMSではありません。

詳しくは、以下オリジナルストーリーより。

========
戦場とは裏の世界、アスリートモビルスーツによるスポーツ競技大会が存在した。
兵器として作り出された多くのモビルスーツ。

その現役としての活躍を終えたMS達の次なる姿。それがアスリートMSである。

競技規程は、高出力機構(バーニア類)は禁止。機構を重視された機体に改修される。
武装関連は排除され、これら審査の通ったもののみ参加資格を得る。
年に一度、各拠点代表MSによる競技大会も開催される程で注目度も高い。

ある日の事・・・
とある町工場に、払い下げられた複数のMSが流れ込まれた。
これらMSは解体され、再利用部品や廃材へと分別される事となる。
これから解体されるハイザックが通りがかりの男の目に映りこみ、咄嗟にもこの機体を引き取りたいと申し出てきた。

彼は元ジオン兵。
一年戦争の敗戦後、軍人として足を洗ったが、 モビルスーツ乗りであった気持ちを捨てきれず、アスリートMSパイロットとなった。

だが、機体に恵まれず故障やリタイヤが多く続き、結果が残せず途方に暮れていた。

このハイザックは動力異常の損傷は無く被弾も少ない。
まだ機体としては十分機能する。
現役当時の愛機ザクIが脳裏に蘇り、新たな相棒へと姿を変えていく・・・

To Be Continued・・・

========

如何でしょうか?世界観が伝わったでしょうか・・・

世界観を先に脳裏に焼き付けながらのハイザック改修だったので、意外と手際よく進められました。
では、実際に主な改修個所について。

<頭部周辺>
 
モノアイのスリットがやや幅広なので、プラ板を貼り付け幅を狭くし眼つきを悪くさせました。

両サイドの小窓は元々埋まっていましたが、一度開口してからプラ板を貼り付けました。

 
首がやや前方に軸があり、かつ短く感じたので、後方へ移動させ高さを増しました。
こうする事で、顔が睨みを利かせることが出来、スタイル改善に繋がりました。

 
動力パイプは伸縮チューブで包み、シールしているイメージを演出。
収縮チューブは、ホームセンターなどで安く買えます。今回使用したものは4mmの収縮チューブ。

 
モノアイは、ビルダーズパーツのサイトレンズ(黄)を使用。
LEDはチップLEDを使用。

<胴体周辺>
 
胸部、腰部共に形状の見直し、プラ板制作。 胸ダクトがホビーハイザックとは異なるため、同形状に改修。(意外に苦労しました) 胴体は全体的に一回り大きくしようと考えていましたので、1mmほど外周を囲うようにプラ板で膨れ上がっています。
キットの頭部は少々大きくも感じますが、胴体を大きくすることで多少和らぎました。

<腕周辺>
 
腕の概観は、オリジナルのホビーハイザックに近い改修を行い、一部プラ板制作。

膝パーツ部分が一体成型になっているため、バラバラにカットし形状変更。
だいぶ変わったと思いますが、、ぱっと見わかりません、、
(拳は、最終的にビルダーズパーツに置き換えております。)


腕の付け根は、2mm程高くし、脇を上げた状態をデフォルトとし「ハの字」にしました。腕の付け根内部もチラッと見えますので、プラ棒などを付け足し、メカニカル感を出してみました。


腕は前後方向にも曲げが出来るように俗に言う「ガワラ曲げ」で改修。

 
ガワラ曲げに使用した関節パーツです。
こちらは、ビルダーズパーツとして商品化されています「1/144 ボールデンアームアームズ」を使いました。

 
こんな感じで腕内部に埋め込み余分な箇所はカットしました。
下半分を差し込んで完成。

 
肩パーツは、旧ザク(ラル専用機)から流用し、インパクトを出す為に一部蛇紋塗装しました。

<腰周辺>
 
スカートパーツは、結果全周に渡り改修しました。
両脇を箱組でプラ板で作成した所、バランスが悪くなったため、ここに釣り合わせるように全周作り直しました。

 
このままだと、単なるプラ板の箱組なので、スジボリや凹凸付けるためにもう一枚プラ板を貼り着け立体感を付けました。
ピンバイスで穴も開けてみました。

<足周辺>
 
アスリートMSと言う事で最も強調したかったのが、モモの増強。
パテで1.5倍ほどの横幅にし、筋肉質っぽさを演出してみました。

 
膝パーツはひし形に改修。ここは単にハの字になる様にノコギリで切り落としプラ板を貼りました。
これだけでも足が上から下に食いつくように重みが出ますね。

 
スネ部両側に付属するブースターのようなパーツは排気口をイメージし、よりコンパクトにしました。 
外してしまっても良かったのですが、ハイザックの名残を残しす意味で流用。


 
内側にも排気口を装うダクトを入れてみました。
何も改修をしないパーツがあったり面積が広い所はそのままにする事が勿体ないので、細かな演出を入れるように心掛けています。

 
足の甲はオリジナルに近付けました。

<バックパック改修>
 
キットのバックパックをコンパクトに切り刻みました。
(下方部と上部特機パーツを切除)
動力パイプは、針金で制作。
胴体の動力パイプは脇から腹部にかけて付いているが、ここをバックパックと接合した。

 
高機動排出を取り除く為に、バックパックにはバーニアの変わりに、排気機構とする 車で言う「マフラー」を装着。

<塗装前の状態>
 

全身に渡り、バランスを確認しながら進めました。

ハイザックのキットに拘りたかったので、本体のミキシングはしていません。

写真の白い部分がプラ板制作による改修個所となります。

パテによる改修はモモのみ。

他キットは両肩の旧ザク(ラル機)からの流用。

足関節部の赤いパーツは、HGBFダブルゼッツーより。

<サフ>
 
サフは、いつものように・・・黒サフ立ち上げからのシルバー塗装です。
今回は使用感を出したかったので、重宝しました。
擦り傷関連は、上塗り塗装後にヤスリで軽く擦る事で下地のシルバーが出る為、リアル感が増します。

<デカール>
 
デカールはガンダムデカールを色々と組み合わせて使用しました。

肩の「迅」の文字は、素早い、速く進むと言う意味合いを持ち「力強い狼」とも例えられる事から それらの総称とし、刻み入れました。

以上です。

如何でしょう。ここ最近ガッツリとガンプラを改修をしていなかったので、かなり楽しく制作が出来ました。

進めてきて感じた事は、やはりミキシングと言われる最近の改修はまだ苦手でして、パーツを別のキットと置き換えるを考えるより、一体をいじり尽くすというのが自分のスタイルなのかな?なんて思っております・・・

最後に、完成したホビーハイザックの撮影写真を載せておきます。



  


Posted by ぶちゃ at 20:35Comments(0)MG ホビーハイザック

2018年07月23日

FAガール轟雷 制作記

どうも、ご無沙汰しております。ぶちゃです。
静岡ホビーショー記事以来の更新となります。

模型サークル活動の中でも静岡ホビーショーは、一年間で最も大きなイベント事なので、ここを節目として一年として見ています。
なので、少々ブログ等は休憩させてもらっておりました・・・

と、言うのは言い訳です(笑)

今年は、静岡後のイベントが、10月~11月にかけて集中しており、今年の夏はノンビリ過ごせる~と思いつつ、10月に詰め込むからこそ、今が忙しいであります・・・

と、ここで一ついつもお世話になっているヨドバシカメラ川崎店様にて、FA&FAガールのイベント事が昨年に引き続き今年もやって参りました~
 

連絡を聞いてから、2週間後だったので・・・少々突貫工事で完成させましたっ!


今日は、この作品制作の紹介をします^^

このイベントに合わせて私が準備した作品は、フレームアームズとFAガールの轟雷に致しました。

いつかこの2体を並べたい・・・と思い積んであった物なので、ここで使わずにいつ使う!と言う事で、製作開始!

今回は、この二体をどう仕上げるか・・・

大改修するにも2週間という限りがあるので、可能な限り詰め込みました。

上の写真、いきなり完成写真からですが、こんな感じです。
如何でしょうか。

基本処理に合わせて、細部を意識し、丁寧に仕上げてみました。
先ずは、FAガールの轟雷から。
 

基本処理となる「合わせ目消し」「ディテールのメリハリ」「肉抜き部の穴埋め」は通り道として、その他改修個所は「顔のオリジナル化」「髪の毛の変更」「肌関節の一体化」などでしょうか。

塗装は「蛇紋塗装」で仕上げました。

<<合わせ目消し>>

意外と・・・腕部分の合わせ目消しがヘビーです・・・


何故このようなパーティングライン?と思える割り方ですが、、モデラー泣かせでありつつ、良い経験となる合わせ目消しです・・・

気を付けないと、細かいディテールを消してしまいますが、私の場合は、細かいディテールは犠牲にして、合わせ目を最優先で消した後、0.5のプラ板で新たにディテールを貼りなおしました。(すみません、貼り付け後の写真はありません、、)

この方が作業時間が早いと言う事と、新たに貼りつけたプラ板のエッジがシッカリするので、元の形状より凹凸がメリハリがつきます。

<<ディテールのメリハリ>>

気になった個所が数か所ありましたが、腹部付近のディテールが最も気になりました。


が、ここは一生懸命やらなくても、最終的には気づきにくい部分・・・でも、シッカリ行う事で、分かる人には分かってくれる(ハズ)

この部分は、金型の抜き方向に依存する形状なので、斜めになっている形状をヤスリで落とします。

また、4か所の穴形状もピンバイスで整えてあげます。

<<肉抜きの穴埋め>>
轟雷は、真正面からはほぼ肉抜きは見えません。
ですが、実物展示ともなりますと、色々な角度から見られることもあり、細かい部分をパテやプラ板等で埋めますと、同系統のキットが並ぶ際には違いが出ます。

ここまでを(ガンプラなどで言う)基本作業としました。

では、改修個所。

<<顔のオリジナル化>>


今作の中での最も拘った個所です。人形顔が命な訳ですね、、
どんなキャラモノ作品でも、顔の印象が最も大事と、私は思います。

例えゴッグの頭を取ってガンダムの頭に付け替えれば、それはガンダムになってしまうんですね、、

そんな感じで、顔のインパクトは絶大だと、私は思うのであります、、

と、言う事で、初の顔の絵描きから始めました。

元々、私は模型を触る前はデジ絵が趣味でしたので、ホントお絵描き感覚で進めました。
手順は、のっぺらぼうの顔をヤスリ等で整えます。

轟雷は尖ったアゴなので、少々丸顔風に顎を丸め、口をケガキ針で掘りました。
軟プラなので、彫り辛いですが、力まずになぞる様に何度も繰り返せば、綺麗に彫れます。
最後まで力んでは・・・NG。

形が出来たら、上記写真のように目や周囲の下描き。

ここは・・・個人のセンスが出るかと思います。。

この目は私が昔から描いているキャラモノで使っている目の描き方なので、自分らしさと言う事でこんな感じにしました^^

下描きに使ったのは、シャーペンです。
失敗したら、メラミンスポンジで擦れば綺麗に消えますので、問題なし。


下描きが終わったら軽くサフを吹きます。ガイアのフレッシュサフです。


顔のエアブラシ塗装に関しては、このサフ作業しか行いません。
うっすらとシャーペン下描きが残る程度の薄さで塗ります。

ここまでできたら、一度クリアーを吹きます。
クリアーを吹く理由は、下描きの目を残すという作業と、目の色塗りが下地に滲まない為です。

クリアー後、エナメル塗料で塗装をします。


上記写真は、塗装結果ですが、こんな感じで面相筆で塗装。

肉眼ではかなり厳しいので、、(年なので、、)3倍のルーペで塗装しました^^;

かなり小さいので、顔を2~3個準備して何度か練習しながら塗装しました。
エナメルなので、失敗すれば、拭き取ってしまえばやり直しが効きます。

今回使ったのは、タミヤ製の「ハルレッド」「ブルー」「ホワイト」「ブラック」です。

ハルレッドで目の輪郭を塗装し、瞳中心にブルーで色付け。

白目部分とハイライトにホワイトを重ね、最後に立体感付けるために、ハルレッドの部分にブラックをランダムに重ねました。

ここまでで、目の完成☆

次に、顔の影付けを行います。



上記、影付けの完成状態です。

タミヤのウェザリングマスターを使いました。

使った物は、フィギュア用IとIIを使い分け。
この2つで、影付けは揃いますが、ハイライトとなる白が出せないので、ウェザリングマスターBセットの「スノー」を使うのも良し。

このウェザリングマスターを使う前に、一度艶消しを吹きます。
艶消しを吹くのは、ウェザリングマスターが乗りやすくする為ですが、反面修正が効き辛くなります。
あまり厚めに吹かず、軽く表面に艶消しが付着した程度に吹きます。

あとは、、、女性らしく・・・お化粧してあげてください^^;
頬、眉間、目のくぼみ部分を集中して行いました。
また顔の輪郭となる外観も影付けすると良いでしょう。

<<髪の毛の変更>>


すみません、、途中写真が無く、こんな感じですが、、

髪の毛パーツは毛先が丸いので、ここをシャープ化しつつ、カッターやタガネを使い、隙間を空けました。

また、クセッ毛になっている毛も、少々落ち着かせました。


<<関節の一体化>>

どうしても・・・FAガールの関節剥き出しが気になり、アニメ同様にしたかった為、関節固定でパテ埋めして消しました。


なので、ポージング固定です。自分好みのポージングであれば、何ら問題ないと思い消しました。

股関節パーツの写真が無いのですが、、こちらも関節固定でボディスーツとの隙間は埋めました。。

最後に塗装。

<<蛇紋塗装>>

蛇紋と言われますが、大理石調塗装とも言われています。

こちら、準備が少々大変でして、綿を使います。


以前にもニューガンダムの台座制作で紹介をしましたので、手順はそちらを参考ください。

前回との違いは、塗装面が非常に小さい為、網目は細かくし過ぎず粗くし過ぎず・・・です。

こんな小さいパーツで行ったことが無かったので、何度かジャンクパーツで塗装を試してから進めました。

蛇紋塗装は、下地塗装部分と上塗りで表現表現させますので、下地色が重要です。

今回の轟雷は、下地にスターブライトゴールドを塗装し、エッジ部分にクリアーレッドを塗装。

そして、下の写真のように、綿を絡ませ、シッカリと指で保持します。

 

この状態で、上塗りを塗装。今回は緑にしました。

 

半乾きに注意し、綿を取り外します。

 

結果、このような感じとなりました。

赤が入る事で、かなり表現にインパクトが出るかと思います。

最後に、トップコートとして、艶消しを吹いています。

ざっとですが、、このような進め方で、FAガールの轟雷を進めました。


続きまして、フレームアームズの轟雷ですが・・・

 

基本的には、ガールと同じです^^;

大きな改修は入れていません。
ディテールの彫り直し、合わせ目消しなどを行い、フレームは「赤」で塗装しました。

こちらFA轟雷も蛇紋塗装としましたが、ガール轟雷との違いは、下地をシルバー&クリアーブルーとした点です。

 

同じような塗装表現で、女子(FAガール)&男子(FA)のイメージとしました。

最後に・・・
デカールを多く貼りたかったんですが、蛇紋塗装が薄れてしまうので、あえて轟雷デカールのみを入れました。
Vertex製の漢デカールで、轟雷の文字が作れるので、こんな感じに入れてみました。

FAG轟雷
 

FA轟雷
 

如何でしょう?折れ曲がりの貼り着けなんかがお気に入り☆

で、完成写真。

 

2体で約2週間ですが、実質FAガール轟雷の方が時間かかってますね。

FA轟雷は、やっぱり、、、ガンプラ馴れしているせいか作業は早かったです^^;

ヨドバシ展示には、台座を付けました。

 

こちらスタイロフォームで2段に作成し、海の波表現で使われるメディウムで地表を作り、ファンタジックなイメージで作ってみました。

こんな感じです。

 

現在、ヨドバシ川崎店様に「第二回 俺ームアームズコンテスト」にて展示中です。

8月中旬ごろまで展示しておりますので、お近くにお越しの際は是非ご覧いただけたらと思います。

で、このイベント制作が無事終わり・・・続きましては、ホビーハイザックコンペがありますので、こちらを進めながら制作記事を上げていきたいと思います。

でわでわ。

  


Posted by ぶちゃ at 23:45Comments(0)FAG轟雷

2018年05月16日

静岡ホビーショー2018 SGR卓

こんばんは。ぶちゃです。

静岡ホビーショー怒涛の如く過ぎ去りました・・・

ブログの更新も少々音信不通になりすみません、、

展示会が一ヶ月を切ったあたりから準備に余裕がなく過ごしておりました。

その甲斐あって楽しい時間を過ごせました^^


と言う事で、静岡ホビーショーのレビューと言いたい所ですが、今年はほとんど写真を撮っておりません、、

紹介用に自分の卓作品くらいしか撮影しておりません、、

作品は目に焼き付けると言う事と、振り返りたいときにツイッターで画像ヒットするので、、自らの撮影は控えました^^;

楽しい時間はあっという間、二日間という長い展示会ですが、一瞬のように過ぎ去った感じです。

先ず初めに、SGR卓に足を運んでいただきましたお客様、
卓番含む協力モデラーとしてタカ8さん、ZIGGYさん、スミオさん、有難うございました!

作品展示の協力としてもKicksnareさん、羅心会OGさん&ガトーさん&大佐殿にも感謝です。

Kicksnareさんも当日の予定もあったのですが、お仕事の関係で来られず残念、、

SGRメンバー(COO、Re-co、Moi)もお疲れさまでした!


今年の卓は、一体感を目指しました。
先に紹介しましたようにメインテーマ「雪之丞整備工場」と題して1/60スケールの格納庫を装い、2.7mジオラマを作りました。
実際には・・・雪之丞さんは居ませんが、、7体のビッグスケールが並ぶ様は圧巻でした。

【OGさん】
 PG シャア専用ザク

【タカ8さん】
 PG 量産型ザク「骨骨ザク」

【Re-co】
 PG 量産型ザク(高機動型ザク アナベルガトー専用機)

【ぶちゃ】
 グロリアス1/60 リックドム(アナベルガトー専用機)

【COO】
 1/60 エクシア(トランザム発動の瞬間)
 PG ダブルオーライザー

【Moi】
 PGストライクフリーダムガンダム


サブテーマ「ZZZ(トリプルゼータ)」となる、Zガンダム+ZZゼータの機体も7体並び、こちらは上段一列に配置。

協力モデラー様として、ZIGGYさん、Kicksnareさん、タカ8さんに協力頂きました。

【ZIGGYさん】
 RE1/100 バウ(グレミー・トト機)
 MG1/100 Zガンダム(ルー・ルカ機)

【Kicksnareさん】
 MG1/100 強化型ZZガンダム Ver.Ka

【タカ8さん】
 MG1/100 百式 Ver2.0

【ぶちゃ】
 MG1/100 ZZガンダム Ver.Ka
 MG1/100 強化型ZZガンダム Ver.ka
 MG1/100 リックディアス(クワトロ機)


今年のSGRメンバーによる作品テーマ「心形流」はレアキット含む選択となりました。

【ぶちゃ】
 HGBF ZZ-II

【COO】
 HGBF ガンダム十魔王

【Re-co】
 HGBF すーぱーふみな アクシスエンジェルVer.

【Moi】
 SD 荒鬼頑駄無


Kicksnareさんの個人作品も展示いたしました。
【Kicksnareさん】
 HGUC ガンダム試作2号機 サイサリス
 HGUC EWACジェガン


羅心会さん札幌支部からは、3名の方に展示いただきました。

【ガトーさん】
 HGUC キュベレイMk-II 2体

【大佐殿】
 HGUC 旧ザク シャア専用機


【スミオさん】
 HGUC ビルドストライクギャラクシーコスモス

その他、SGR作品となります。
【ぶちゃ】
 フルスクラッチ 1/35 ニューガンダム

【COO】
 MG1/100 高機動型ザク(シンマツナガ専用機)

【Moi】
 MG1/100 レッドウォーリア

以上が今年の展示となります。

今年は、とてもうれしかったこと・・・
卓のレイアウトや展示方法、台座、ジオラマ部分についての質問や共感される声を多々聴けた事です。
私自身、卓そのものを作品と考えておりました。

命を削って制作したモデラーの作品であるからこそ、それを引き立てるのが卓台だと思っていまして、今回は自分のキット制作以上に卓への思い入れを注入しました。

そのせいか、少々妥協した箇所には反省点が残ります・・・

これは来年の課題として残しておきましょう・・・


静岡ホビーショーも終わり、次に目指すのは、HME(北海道)、千葉しぼり展示会、プラモデル文化祭の3つの展示会となります。

これら実に10月のイベントとなり、全て同日予定です。。

そのため、作品制作にも気合いを入れて行かないと、残り4ヶ月あっという間に過ぎ去ります。。

気合いを入れて進めてまいります!

ではでは。

  


Posted by ぶちゃ at 22:34Comments(0)展示会・コンペ

2018年04月07日

祝☆GHL掲載 その他展示会関連

おはようございます。ぶちゃです。

前回更新から2か月以上の時間が過ぎますが、少々ホビーショー準備に時間が終われております・・・
ここの所、作品の制作記事が少なく申し訳ないです、、汗、、
あまり記録を残していなかったという言い訳もありますが、細かく挙げる際にツイッターであげてしまう事の方が最近は多くなってしまい、ブログはサボり気味でした、、
また近いうちに新作について・・・後程お伝えします。

その前に、色々とご報告がありまして、こちらからお伝えします!

この度、ガンダムホビーライフ012号に、サークル紹介ページに我SGRが掲載されました!
いつかGHLに載りたい・・・と、遠い目で見ておりましたが、色々と模型活動を進めていく上で実りました☆
ご関係者の皆様、ありがとうございました!

我々としても、初のサークル書面での紹介となり記念の一冊となりました。

こちら、書面で紹介させてもらいました作品「ロンドベルのフラッグシップ機」となりますニューガンダムですが、現在ヨドバシカメラ川崎ルフロン店様4Fにて実物展示しておりますので、お立ち寄りの際は是非ご覧いただけたらと思います。

展示期間は、ゴールデンウィーク明け頃までを予定しております。その後は静岡ホビーショーでの展示となり、以後ヨドバシカメラ さいたま新都心店様にて展示の予定です。

静岡ホビーショーがあと一ヶ月ほど先となりますが・・・

作品制作については順調に進めております。。また同時並行し、北海道にて開催されますHME用の作品にもそろそろ手を付け始めております・・・

今年の開催が10月になったと言う事で、少々余裕がありますが、10月は千葉しぼり様の展示会や、オオゴシトモエ先生のプラモデル文化祭があったりと、展示会祭りになる予測・・・

おそらく八潮の展示会のこの近辺かな?と思いますので^^;

と言う事で、色々と先走りしないと厳しいので、HME用として、これを考えております。
ホビーハイザックを・・・真面目に作りたいと思います^^;

今年も昨年と同様に羅心会様の卓にてお世話になる予定です。

HMEについては、羅心会タカ8さんから詳しく情報が入り次第、またブログでもお伝えして行けたらと思います。

で、、、冒頭で書きました、作品制作記事について・・・
このホビーハイザックで、色々と細かくブログにて紹介していこうと思いますので、おたのしみに☆

こちらホビーハイザック、、、ハイザックから改修は簡単に行けそうだと思っていましたが、結構違うヵ所が多いんですね、、
完成に至るよう頑張ります、、
  


Posted by ぶちゃ at 10:57Comments(0)展示会・コンペ

2018年02月26日

静岡ホビーショー2018 SGR卓のご紹介

こんばんは。ぶちゃです。

早いもので、もう3月までカウントダウン・・・
今年の静岡ホビーショーまであと2か月ほどとなりました。
皆さん、宿は取りましたが?

今年の静岡ホビーショー、第29回モデラーズクラブ合同展は、5月12日(土)13日(日)の2日間となります。

今年も昨年同様に、SGR卓は西館2階となりました!



SGR卓 「 西館 卓番255 」


当日はお立ち寄りの際、是非とも作品をご覧いただきください。

作品展示にあたり、昨年共に作品展示を協力してくださいました、北海道の模型サークル「羅心会」さんが今年も協力してくださります。
タカ8さん他メンバーの方々有難うございます!

続きまして、昨年ご協力いただきましたZIGGYさんにもお声かけさせて頂き、今年も展示予定です。
今年もよろしくお願いしまっす!

それとですね・・・以前からモデラー交流があったモデラーさんなのですが、今年の展示でお声かけさせてもらいましたKicksnareさんにも駆けつけてもらえる事になりました!
皆さんもご存じの通り、HGスケールでハイディテール作品でも有名ですね。私も勉強させてもらいます、、

以上のご協力頂ける方々と共に、我々SGRメンバー4人も力作展示いたします!

今年の静岡ホビーショーのSGR卓では・・・

【テーマ① 雪之丞整備工場】
1/60スケールをテーマに卓全体を彩ります。

卓全体をジオラマとした巨大格納庫、題して「雪之丞整備工場」を展示します。
全長2700センチの格納庫(と言っても・・・台座と思ってください^^;)に、1/60スケールが仁王立ちで横並びになります。
雪之丞さん・・・と言いつつも鉄血シリーズは一つもありませんが、、(汗
SGRと羅心会さん合同で並べます。

以下、7名の予定作品

・ぶちゃ(SGR) ドム(ガトー専用機)
・COO(SGR) ダブルオーガンダム
・Re-co(SGR) 高機動型ザク(ガトー専用機)
・Moi(SGR) ストライクフリーダムガンダム
・タカ8(羅心会) 骨骨ザク
・OG(羅心会) シャア専用ザク
・ぷらぞう(羅心会) ガンダムエクシア

【テーマ② 心形流】
SGRのサークルノルマ作品「心形流」。今年もそれぞれが心形流キットにて作成展示します。

・ぶちゃ ダブルゼッツー
・COO ガンダムX 十魔王
・Re-co すーぱーふみなアクシズエンジェル
・Moi SD荒鬼頑駄無

【テーマ③ 宇宙世紀 Z~ZZ】
宇宙世紀の世界観として・・・ZZゼータガンダムver.Kaを中心に、ゼータ~ZZの世界観展示を致します。
ここに、ZIGGYさん、Kicksnareさんの作品展示が入りますので、お楽しみに!

【その他 自由作品】
その他、まだまだ作品はあります。
羅心会さんの札幌支部の方の作品やKicksnareさんの作品も並びます。
もちろん・・・SGR作品も多々あります、、

今年の構成は以上を予定としております。

作品の写真がない記事になってしまいましたが、、次回からは作品の写真付きでUP致します^^;

では・・・当日に向けて一同進めて参りますので、よろしくお願いいたします。
  


Posted by ぶちゃ at 20:00Comments(2)展示会・コンペ

2018年02月03日

1/60 ドム ガトー専用機 完成

こんばんは。ぶちゃです。

新年に更新したと思ったら、もう2月ですね、、、

今年の冬は寒いですね~・・・

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

1月中は1/60スケールのドムを進めていました。

こちらも早いもので5月の静岡ホビーショー用のドムですが、本日完成いたしました。


ガトー専用機。毎年1機作ろうと思いつつも、ここ最近は作っていなかったので、久々のガトー機です。
やっぱいいっすね。少佐の機体は!

今回の改修は、モノアイ、首回り、フンドシの追加、スジ彫り、メタルボール、背中の大剣と言ったところでしょうか。

 

背中の大剣は、グロウスバイル風に背負わせました。

まぁ、、、PS4でモンハンワールドが出たので、その記念・・・ではないぞ。

この大剣は、プラ板のスクラッチです。
何層にも貼り合わせたので、この大剣だけでも、そこそこの重量・・・
ネオジム磁石で脱着可能です。


今回、艶塗装にしようか迷いました。。

最終的に半艶にしましたが、それまでの工程で一度艶にしていますので、表面処理は2000番まで磨いています。
塗装の中研ぎは8000使いましたので・・・艶でも良いんですが、ここまで磨くからこそ、半艶にしても効果があるな~と思い、惜しまず半艶で済ませました。

エースパイロット機なので、ダメージの傷はつけていません。
使用感出すための擦り傷に留めています。
これら傷処理は、前回のZZ同様に、表面をヤスリで軽く傷つけ下地塗装で実際の傷に近い感じで仕上げています。



如何でしょうか。

ホビーショーの前ではありますが、今月の中旬あたりで、ヨドバシカメラ川崎店さまにて作品の入れ替えを行う予定ですので、その際に子のドムを展示する予定ですので、お近くにお越しの際は是非ご覧いただけたらと思います。

静岡ホビーショーまで、あと3か月半。

あっという間ですね。。
この後4作品ほど当日までに仕上げる必要があるので・・・このペースで頑張りたいと思いますp^^q
  


Posted by ぶちゃ at 22:19Comments(0)1/60 ドム

2018年01月06日

謹賀新年2018 静岡ホビーショーに向けて

新年明けましておめでとうございます。

こんばんは。ぶちゃです。

今年のお正月は長いですね・・・
今日は午前中だけでしたが、年明けの初仕事で出社して参りました。
まだ休みボケな感覚ではありますが・・・
と言っても、また明日から三連休となりますので、何だか得した気分。

さて・・・新年迎え、今年の模型ライフですが、
前回年末に更新しましたように、展示会めぐりがメインとなりますので、そこに標準合わせて作品を作成して参ります。

まだまだ先と思いながらも実はもう4ヶ月となります静岡ホビーショー。
現在は、この静岡ホビーショーに向けて構想を進めております。

今年も昨年同様に、サークルSGR+交流モデラー様で構成いたします。
今年は、卓テーマで構成いたします。

また詳しくは後日お伝えしますが、「1/60スケール縛り」で並べる予定です。
1/60なので、PGやグロリアスが主流でしょうか。

私は、グロリアスのリックドムをガトー様専用機として改修を致します。
キットは、シャア専用機ですが・・・気にしない。気にしない。。。

昨年は、ガトー機を作成しませんでしたので・・・1年ぶりのガトー機となります!

しかも1/60と言う大迫力☆
自分でも完成が楽しみです。

機体は、大幅に改修はしませんが、少々大げさにも思える武器を制作予定です。

キットがデカいので、その分武器もド派手にした方が目立つであろうと思い、ドデカイ武器を背負わせます。


現在はと言いますと、モノアイを改修し、全体のスジ彫りまで完了。


モノアイは、高級車のヘッドライトのようなイカリングのように光らせました。
ちょっとサイバーチックですが・・・もうちょっといぢくります。

新年一発目の作品がドムになりそうなので、この勢いで進めていこうと思います。

1月末までには完成するかな?と思います。

今年のホビーショーまでに、予定では5体完成予定なので、1機3週間ペースで進める事となります、、

今年の模型ライフも熱い模型魂で進めていきますので、本年もよろしくお願いいたします。
  
タグ :リックドム


Posted by ぶちゃ at 00:42Comments(0)1/60 ドム

2017年12月30日

サザキカオルコ様 2017年作品納め

こんばんは。ぶちゃです。

早いもので、今年もあと数えるほどとなりました。

今年一年間は、例年に増して色々と行事もサークル活動も多くあった年になりました。

作品点数は昨年よりも減りましたが、その分イベント事が多かった為、今まで以上に忙しくも感じましたね~
また来年も・・・更に飛躍して参りたいと思います!!


さて、今日は。
今年の作品は今年のうちに!と言う事で、最後の作品をUP。

時期で言えば、八潮展示会に合わせて制作したサザキカオルコ様です。
フミナ派・・・ギャン子派・・・無論ギャン子派です(笑

ブログでは、製作途中写真をチラッと一度だけしか公開していない物ですが、、
何気に私のお気に入りの作品の一つです。

はいぱーギャン子を改修して、サザキカオルコ様として制服バージョンに改修しました。
制服バージョンとしたので、鎧類のパーツは一切使いませんでした。

両手に持つのは、アニメでもお馴染みのGBベースのコントローラーを握らせました。
如何でしょう?


台座は・・・あり合わせにプラ板で箱組ですが、ギャン子プレートは昨年制作したモノをはめ込みました。

改修はほぼパテを使い形状を起こし、パテ以外は元のパーツや余剰パーツです。

腕は使用しなかった余剰パーツの方の腕を使い、これまたパテ盛りして袖を作りました。




拘りのポイントとしては・・・
一応模型なので、制服類は全てスクラッチに拘りました。

衣装類は、物によってはドールやフィギュアからの流用できるモノはあると思うんですが、ジャストフィットするだけで、自分の作品ではないので却下と考えました。

着せ替え風にドールの洋服類を着させても良いんですが・・・それだとオリジナル感が損なってしまうので、あくまでも拘りは「模型」です。
ここの考え方は人それぞれだと思いますので否定はしませんが^^

関節部分は全て固定で埋めました。

首も固定です。
襟足部分が、どうしても隙間になってしまうので、ここもパテ埋めしてます。
今度、以前制作したギャルキューレと合わせて台座作成もしたいな~なんて。


以上で、今年の作品収めとなります。

来年の模型活動ですが、今年と同じ展示会は巡業する予定です。

早いもので静岡ホビーショーもあと4ヶ月ほどとなりましたので、、そろそろ作品制作にも力を入れていこうと思います。

簡単にザックリですが・・・来年の予定は、

・静岡ホビーショー参加
・旭川模型遠征~HMEにて羅心会様との交流
・千葉しぼり展示会参加
・八潮展示会参加

・ヨドバシカメラ様作品展示(川崎・さいたま新都心)

が、最も大きな所ですかね。

ヨドバシ様展示は、現在も川崎ルフロン店様にお世話になっておりますので、お立ち寄りの際は、是非見て頂けたらと思います。

まだ予定ですが、1月に作品の入れ替えも行っていく予定です。

次回作品入替は、ゴッソリ入れ替える予定でして、SGRメンバーそれぞれの棚に作者毎にまとめて飾る予定。

私はニューガンダムとリックディアスを置く予定。お楽しみに☆

今年は、後半ブログの更新が疎かになりがちでしたが、来年からも模型を楽しんで参りますので、今後ともよろしくお願いいたします!

少々早いですが、、皆様良いお年をお迎えください☆


  


Posted by ぶちゃ at 22:00Comments(0)サザキカオルコ様

2017年12月11日

1/100 ZZガンダムVer.Ka

こんばんは。ぶちゃです。

前回の更新から早いもので一ヶ月近くも経つのですね、、、
更新サボっておりました。。

と、言いますのも、丁度この時期は模型そのものの唯一の休息期間でして、自分の作品以外で言う制作代行の依頼者様からの制作や模型以外の事で励んでおりました。。

模型以外の私の趣味は、色々とありますが、モンハン、スト5などのゲームだったり、今回は初のFFオーケストラに行ってまいりました。
その他、クワガタ&カブトムシのお世話なんかも私の趣味でございます・・・
今年は卵が爆産し、パラワンオオヒラタクワガタ、オオクワガタ、ミヤマなどなどクワガタ勢が沢山孵化した以外にも国産カブトも100匹を超える数となりました・・・

ここのブログは模型メインなので、、そろそろ話を戻します~^^;

今回は、先日制作しましたMG ZZガンダムVer.KaをUPします。

こちらはツイッターでは多くUP致しましたが、こちらブログでも履歴として残します。

今回のZZガンダムは、ヨドバシ川崎店さまへの展示用としての制作です。

改修はほぼ無しで塗装表現をメインに制作を進めました。

先にですが、完成写真から。



如何でしょうか?
カラーリングは、ニューガンダム調にしています。
また、いつものMGフレームは赤いフレームに拘り塗装しました。

今回の制作ポイントを以下纏めました。

【改修個所】

改修と言えるヵ所で言えば、肘の曲げ部分のみです。

俗に言う「ガワラ曲げ」です。


ZZのように、肘を曲げて飾る際に、どうしてもシールド部分が後ろ側を向いてしまい、肘曲げを90度回りさえすれば、シールドが両側を向く・・・
名前の由来は、ググってみてください^^;

【表面処理】

使用ヤスリ
 ・ゴッドハンド:神ヤス800番 5mm
 ・スジボリ堂:面出しヤスリ800番

今回の表面処理は、これしか使っていません!

しかも800番限定で進めました。

ここ最近のキットはかなり精巧にできており、引け処理や合わせ目消しなどもほぼ不要で完成度の高い物です。

が、しかし、表面処理においては丁寧に進める事で格段に見栄えが異なります。

特に、艶塗装となれば、光の反射における小さな面の歪みも表面処理で整えられるため、素組み完成とは大きく差がつきます。

ヤスリの番手を800番のみとしているのは、引けが少ない分粗い番手で一気に削る作業が要らず、むしろ粗い物を使った方が表面を傷つける事がある為に必要に応じて使い分けます。

また、どちらのヤスリにおいても水研ぎですすめました。

表面処理と言うよりは、削りとなりますが、以下の様なアンテナのシャープ化も行っております。
ここは、さすがに800番じゃ無理なので、鉄ヤスリを使っております。
赤丸がヤスリ後です。
だいぶ表情が変わりますね。


次に塗装。

塗装については、以下がカラーレシピです。

【下地塗装】
 ・Mr.COLOR:サーフェイサー1500(黒)
 ・ガイアカラー:スターブライトシルバー
 ・Mr.COLOR:ラピッド薄め液(速乾性)
  ※希釈の比率はサフを1に対し薄め液は2~3倍。

【基本塗装】
 基本カラー
 ・白部分
  フィニッシャーズ:パールホワイト
  ガイアカラー:ニュートラルグレー2(塗り分け部分)
 ・青部分
  フィニッシャーズ:APブルー(70%)+ブルーブラック(30%)
 ・黄部分
  フィニッシャーズ:ミディアムイエロー+クリアーレッド(少量)
 ・赤部分
  フィニッシャーズ:ルミレッド(60%)+マルーン(40%)
 ・フレーム部分
  ガイアフォーミュラーカラー:シグナルレッド
 ・バックパック部分
  フィニッシャーズ:カーボンブラックマット

いつになく、細かく書いてみました・・・
下地塗装で、黒→シルバー立ち上げは、以前から塗装で使っているベアイアン塗装と同じです。
今回は、ちょっとした工夫を入れてみました。

それは・・・
エッジ部分を軽くヤスリでこすり上塗りを剥がします。
下地の黒が出るギリギリで止め、凸エッジを黒く見せます。
NAOKIさんの作品でもエッジ部分をウェザリングする技法を使われていますので、それに近しい表現で進めてみました。


如何でしょうか。

人によっては、エッジ部分をドライブラシなどで塗布する方もいますが、私の場合は剥がすの考え方です。
そのため、下地に黒を仕込む必要があります。

最後に、、、

デカールと艶塗装で完成☆

艶は、半艶に近い艶ですが、フィニッシャーズのオートクリアーを使いました。
こちら、デカールに強いと言う事でチョイス。
バックパックは艶消しとしています。

【艶塗装】
 ・デカールコーティング
  フィニッシャーズ:オートクリアー(細吹き)
  ※希釈をラピッド薄め液を使い3~4倍で薄める
 ・艶塗装部分(本体塗装)
  フィニッシャーズ:オートクリアー
  ※デカールコーティングより続けて5~6回吹き付ける
 ・艶消し塗装部分(バックパック)
  Mr.COLOR:つや消しスーパークリアー3 UVカット
  ※デカールコーティング後に塗布
  ※希釈をラピッド薄め液にて3倍で薄める
  ※ハンドピースは0.3mm以上のものがお勧め

現在に至り、ヨドバシ川崎店さまに展示してありますので、お立ち寄りの際は是非見て頂けたらと思います。


ZZの足元に・・・ジュドーもいます^^

  


Posted by ぶちゃ at 19:44Comments(0)1/100 ZZガンダムVer.Ka

2017年11月19日

1/35 ニューガンダム制作記(まとめ)

こんばんは。ぶちゃです。

八潮模型展示会も無事に終え、今年の予定する展示会は、全て終了いたしました。

早いもので、気付けば年末に差し掛かっておりますね・・・

今年も模型に励み楽しい一年となりました。

新たな模型仲間やサークルの交流もあり、とても充実した一年であったと感じております。

ここ2~3ヶ月は、少々ドタバタ感がありながらの状態でブログ更新をしてきましたので、模型制作記としては端折りながらの更新でした。。すみません、、

で、そんな今年の作品たちをこれから暫く振り返っていこうと思います。

先ずは、、、先月制作したニューガンダム。

作品名は「ロンド・ベルのフラッグシップ機」としました。



シネマ選手権用の作品ではありましたが、今となってはサイコガンダムに変わる自分の代表作になったのかな?と思っております。

製作期間は、2ヵ月半で少々ハイペースで作った感じでした。
フルスクラッチと言うハードルがかなり高く感じてましたが、日頃部分的にスクラッチをしていた事から、それぞれの部位の集合体と考えれば、出来なくもなかったのかな?と思っています。

結局のところ、フルスクラッチって「根気」が完成させるために一番必要な精神力でして、、完成していない物も多々あったりと。。
今回は、コンテスト作品と言うこともあり、最後まで作りきれたのであるかと思います。キッカケって大事ですね~。。

では、早速ですが、各所のカメラショット。






チェーンが布を剥ぎ取るシーンではありますが、実際の劇中のニューガンダムの状態から、だいぶアレンジしています。

1/35スケールに収めているため、腕や肩パーツは再現していません。
周りの整備士も、劇中ではヘルメットの様なものをかぶっていますが、ここでは外しています。

あとは、映画の中でのチェーンの立ち位置など、実際に組み付けてみると、立っている位置が不明確であったりとしたため、少々アレンジを加え違和感が無い様にしていますが、、如何でしょうか。

製作途中は、今ままでツイッターでUPしたためブログでは履歴が残っておりませんので、製作途中の写真を以下に並べておきます、、


今までの作品で過去にないくらいのプラ板枚数を費やしました・・・

以上、ニューガンダム制作記(完成)と致します・・・

明日にでも、久々にモデラーズギャラリー様にUPしようかな~なんて思っています。

こちらブログでは、引き続き別の作品紹介を続けていきますね~。ではでは。
  


Posted by ぶちゃ at 00:28Comments(0)1/35 ニューガンダム

2017年11月09日

10月の展示会が終わり、、八潮模型展示会に向けて・・・

こんばんは、ぶちゃです。

10月最終週・・・怒涛の如く2つの展示会終えました・・・さすがに疲れますね~、、でも楽しかったです。

展示会が楽しいって思えるのも、運営側の苦労があっての事と思います。

n兄さん、千葉しぼりの皆さま、オオゴシ先生、受講者さま、お疲れさまです!
そして、また来年もよろしくお願いします^^

で、、ですね、、会場の熱い状況をブログで写真付きで、いつものようにお伝えしたかったんですが・・・


全然写真撮ってません><ノごめんなさい、、


一部のモデラー様と話をさせてもらったタイミングで、数枚しか撮ってません、、

特に文化祭の方は自分の作品すらも写真撮っていない始末で、、ごめんなさい、、><ノ

気になった作品ではありますね、順不同ですが、、載せますね~

10月28日(土)千葉しぼり展示会

SGR卓とシネマ卓




その他のモデラーさんの作品



10月29日(日)プラモデル文化祭



如何でしょうか。。

文化祭は、ホント写真が無くてスミマセン、、

力作揃いだったんですが><ノ


さて、二つの展示会が終わりましたが、我々SGRは次回八潮模型展示会への参加予定です。

もう明後日になりますが、、、

作品がまだ完全に仕上がっていないので、今日これから追い込みます!

では、、八潮の会場でお会いしましょう~
  


Posted by ぶちゃ at 23:12Comments(0)展示会・コンペ

2017年10月21日

シネマ選手権に向けてラストスパート!

こんばんは。ぶちゃです。

ブログの更新も1か月ぶりとなりますが、、少々作品制作に追われましてサボっておりました、、
早いもので、あと一週間に迫ってまいりました28日(土)の「千葉しぼり展示会」と29日(日)の「プラモデル文化祭」が連日で開催されます。

どちらも参加いたします^^

千葉しぼりさんの方では、シネマ選手権と一般作品展示の両方で参加いたします。
一般作品の方は、卓をSGR卓として4人揃っての展示です。

そして、シネマ選手権。
twitterでは、先にお伝えしておりますが、シネマ選手権用のニューガンダム・・・本体が完成いたしましたっ!


ジオラマ含めてオープニングの情景が伝わったでしょうか?

今回の作品ですが、サイズからしてフルスクラッチとなりましたが、色々と良い経験となりました。

また1から作り起こすという意味でも、オリジナル要素はふんだんに入れ込んであります。
なので、「ここのモールドが違~~う!」「このレイアウトは違~~う!」は勘弁してください。。

映画とVer.kaのキットを参考に進めましたが、、これまたキットと原作内では全くの別物って事もあり、今回のニューガンダムは、自分の脳内要素で作り上げたモノとの理解でお願いします、、

それでも、10人が見たら10人がニューガンダム!って分かる顔は目指しましたよ(笑)

もうちょっとシネマ選手権用にシネマならではの要素を入れようと思いますが・・・
それは残り数日の制作期間でどこまで出来るかを決めていきたいと思います。

今日はニューガンダムの制作記事として・・・
台座の作成について書き残します。


台座・・・ジオラマの一部ではありますが、とても重要な役割をしています。

今回自分が気を使ったのは「高さ」です。

展示会用と言う事もあり、出来るだけ見て頂く方の目線に合わせて見せたい角度にする為に嵩上げしました。

と言いましても、とんでもなく高い位置ではないですが、通常スタイロフォームを使って作る場合でも5センチくらいかな?と思います。
今回は少し高めの12センチ。だいぶ高い。

ニューガンダムの作業現場と言う事で、少々高級感が出るかつ重量感のあるイメージを出すために、全周を蛇紋塗装にしました。
大理石調塗装ってやつですね。

この塗装は、意外にも簡単にできますが、前準備が少々面倒です。

綿を使い、それをマスキング代わりにして塗装をすると大理石調になります。
綿は100円ショップの綿でも十分です。繊維が短くても、繋ぎ合わせれば問題ありません。
ちなみに私が使った綿も100円ショップの綿です。
換気扇フィルターの様な通気性の良いフィルターをほぐして使う方もいるようです。


私はこんな感じで段ボールに綿を並べ、四隅をマスキングテープなどで止め、この上をひたすらクリアーカラーなどでエアブラシで吹き付けます。
こうする事で、ある程度繊維同士が固まり綿のマスキングシートが完成☆

この出来上がったシートを台座に重ねます。


重ねたら、このまま上から塗装をします。


結果、こんな感じです。


至って簡単。

今回の例は、台座下地を黒で塗装しておき、綿のマスキング塗装を白で塗った場合です。

この綿の切れ目の大きさで表現が圧倒的に変わると言う事と、一度作った綿のマスキングは、そこそこ使い回しが出来るので、多めに作っておいても良いかな?と思います。

また、今回の塗装も白と黒の塗る順序を逆にしても表現が変わるので、最後に塗る塗装の面積が大きい小さいに合わせて前後の色を選定すれば良いと思います。

これで重量感(高級感?!)は出たかと思いますが、もうワンポイント今回はアムロマークを入れてみました。


アムロマークと言っても、このサイズだと大きめなので、パソコンからイラストレータなのでマークを制作しプリントアウト。
それをマスキングシートに合わせてカットすれば、アムロマークのマスキングシートが完成☆


アムロマークの塗装は、クリアピンク→ホワイトパール→クリアーレッドの順で塗りました。

一番先のクリアーピンクは無くてもOKです。。。が、好みのカラーで塗るが一番(笑)

合間にホワイトパールを入れたのは、光の反射でアムロマークをギラつかせたかったためです。

単にシルバーでも良いんですが、こうすると最終的にメタリックレッドになってしまい、面白味が無いので却下。

最後に・・・

ニューガンダムのオープニングシーンで印象的な、ツインアイの保護シート・・・

これは、ビニール傘を使いました。

素材選びは色々と試してみたんですが、市販のビニール類は、厚みが無いと言う事と何だか安物っぽくNG。
塩ビ板でのバキュームもしたんですが、顔の形状に追従しすぎて自然さが出ない。。
それなりに厚めで引っ張っている感を出したい・・・と、言う事で辿り着いたのはビニール傘です^^;

ビニール傘そのままを貼り着けてしまいますと、透過し過ぎてしまうため、表面を薄っすらとホワイト塗装しました。
どうでしょうか?

今回のニューガンダム制作は、2か月半ほどかかりました。
意外と早いペースで制作が出来、フルスクラッチと言う意味では、自身初の作品であるかと思います。

シネマ選手権用の作品が完成しましたら、また再度UP致します。

ちなみに、こちらのニューガンダムは、翌日のプラモデル文化祭でも持ち込む予定です。
現在、文化祭用に制作しているギャン子もあるので、こちらも合わせて展示します。

プラモデル文化祭での私が展示する予定の作品は、以下となります。
では、来週の千葉しぼり展示会、プラモデル文化祭でお会いしましょう~~!
  


Posted by ぶちゃ at 17:27Comments(0)1/35 ニューガンダム

2017年09月04日

プラモデル文化祭2017のお知らせ

こんばんは。ぶちゃです。

今日は同じ記事を2度書いております・・・。一回目は書き終えた後、何故か消えちゃいました。。

と、言う事で・・・気を取り直して・・・と。

今日は、10月29日(日)に行われます「第9回 プラモデル文化祭」の紹介です~^^


オオゴシ*トモエ先生のプラモデル教室に参加する受講者の作品展示会です。

私もオオゴシ先生の教室に通い、4年?5年?になります。早いなぁ~

私が先生の教室に通うキッカケになったのも、この文化祭に足を運んだ事から始まりました。

受講生の作品は、ガンプラやキャラモノはもちろんの事、スケールモデルなど様々なモデラーさんがいたり、小学生や女性の方も受講してますので、幅広い作品を一度に見ることが出来ます。

また、今年の静岡ホビーショーにて「ミツドモエ+FirstAGE」卓のミツドモエ側メンバーは受講生で構成されておりますので、こちらの作品も当日展示予定となります。


それとですね・・・それとですね・・・


この10月29日(日)の前日は・・・?!


なんと、千葉しぼりさんの展示会(10/28)なんですね~

どちらの会場も近場ではありますので、土日滞在される方でお時間取れるようでしたら、是非とも遊びに来てください^^



それと・・・ それと・・・ それとですね・・・

当日は、「SDトントン相撲大会(仮)」が開催されます~~~☆パチパチパチ

一般参加ありですよ~~~!!!
みんなで盛り上がって参りましょう~!!!

もちろん、私も参加予定です。
使用キットのレギュレーションは、今の所大きな制限はありません。

また詳細については、オオゴシ先生のブログやツイッター、こちらのブログなどでもお伝えしていこうと思います。

私も本気で行きますよ~~。本気とは、大人げない改修とパフォーマンス。。です。

皆さんもSD作品を持ち合い、是非ともご参加ください!

======================================
【第9回 プラモデル文化祭】

日時:2017年10月29日(日) 12:00~16:30

場所:よみうりカルチャー北千住(ルミネ9F)

アクセス(最寄り駅):北千住駅(JR,地下鉄,つくばエクスプレス)
             下車してすぐのルミネ
======================================

当日は、オオゴシ先生や受講生の方々も居ますので、模型談義を楽しんでみては如何でしょうか?

皆さんのご来場をお待ちしておりま~す。


  


Posted by ぶちゃ at 23:01Comments(0)展示会・コンペ

2017年08月16日

2017年後半戦!

こんばんは。ぶちゃです。

早いもので、もう盆休みも半分過ぎました。。
会社によっては明日より出社される方や、人によってはこの盆休みが稼ぎ時の方々などなど、、お疲れさまです!
私は20日までおやすみとなりますので、模型にドップリと浸かりたいと思います。。

今年の後半戦・・・と言いつつも、今年もあと4ヶ月、もう折り返し地点なんて過ぎているのねん。。

勝手にHMEあたりが折返しと思っていましたので、、そういう意味での今年後半の模型関連の予定ですが・・・

10月28日(土)千葉しぼり展示会 シネマ選手権

10月29日(日)プラモデル文化祭

11月11日(土)八潮模型展示会(予定)

と、この3つが大きな所ですね。

特に千葉しぼり展示会と文化祭は連日となります。

プラモデル文化祭については、オオゴシトモエ先生のプラモデル教室受講生による文化祭となります。

で、今は千葉しぼり展示会のシネマ選手権用の作品を作成しております。。

以前にもお伝えしたかもですが、作品は「逆襲のシャア」としました。


シーンは・・・↑↑↑このシーンです^^

ニューガンダム初登場シーンが、私の中では最も印象的であったためです。

黄色い布をチェーンが剥がすシーンが有名ですね。

シネマ選手権・・・その名の通り、お題が「映画」となります。
普通に考えて、模型(キット)として存在するかしないかで、何の映画にするかも人によっては左右させてしまいますね。

私は(たぶん)結構映画は多く観ている方だと思いますが、どの映画の何のシーンを作るか・・・
色々と浮かんではいましたが、正直これだ!っと言う纏まりはパッと浮かびませんでした。

「ワイルドスピード」・・・「トラック野郎 一番星」・・・「アイアンマン」・・・「ホビット」・・・「ハリーポッター」

メカ物ならまだしも、ファンタジーモノってどうよ・・・。
もちろん間違っちゃいないのですが、モデラーとして新たなジャンルとなってしまうフィギュアをスクラッチって、、
見せ方やクオリティを考えた時に、本当に好きなシーンを選べても、それでいいの?を自問自答しました。

その結果ともなりますが・・・「逆襲のシャア」です。

やっぱり私自身はガンプラ模型をメインに進めてきたと言う事もあり、ここの標準を「ガンダム」としました。
ただ、、、キットは多く出回っています。
そこを恵まれた環境と取るのではなくて、自分が思い描いたシーンについては、あくまでもニューガンダムの上半身部分ですので、こんなにデカいニューなんて市販されていないよ、、
なら作ってしまえ。の勢いで、約1/35スケールのニューガンダムをフルスクラッチを決意しました。

twitterにて、既に胴体部分までの進捗具合をUPしております。

そのまとめとなりますが、現在の状況です。

こんな感じです。
両胸の黄色いダクト部分が、かなり製作で苦労しました。。

角度が付き、さらにホームベースのように六角形の繋ぎ合わせが、単に長方形の繋ぎではないので、ここは苦労しました。
しかも両側作成なので、これまた大変。

両脇腹部分も、そこそこ苦労しました。。
まだマスキングテープで着けている状態ではありますが、中身のメカも作っていきますので、出来る限り足早に進めていこうと思います。

また、今回のニューガンダム、出来るか分かりませんが、8月末までに本体とチェーンのフィギュアが完成すれば・・・
オラザクにはエントリーしておこうと思います。

その後、シネマ選手権用にちょっとした小細工を考えているので、ここはオラザクでなくても問題ないとして、、う~ん。あと2週間じゃ完成無理か。。

でも、出来る所まで進めてみようと思います^^

暫くこのスクラッチでの更新となりそうなので、途中合間合間にキットの改修記事は入れようかと思います。

上の写真の左上付近に映っていますホシノフミナもちょっと改修予定です。
何になるかは・・・まだお楽しみ☆

また明日からニューガンダムが完成するように付き進めてまいります^^>
ブログもちょくちょく更新できるように、、しますね^^;

最後に、このニューガンダムのボディーとMGのニューガンダムボディーのサイズ比較・・・


あはは、、、デカい、、

頑張ります^^;
  


2017年07月30日

HME2017 & 旭川旅行記

こんはんば、ぶちゃです。

前回更新いたしました通り、今週末は札幌にてHMEが開催され、それに合わせ北海道模型遠征をしてまいりました!

もう北海道遠征も5年になります。

4年前にGEKI店長と知り合い、その繋がりで多くの北海道モデラーの方と交流するようになり、年一行事となりましした。

HMEには昨年より羅心会さんの卓に作品を置かせてもらう事となり、タカ8さんにお世話になっております^^

また、kobarutoさんともここ3年程前にGEKI店長からの紹介で知り合う事となり、静岡ホビーショーなどで交流をさせてもらう事も出来ました。

などなど、北海道モデラーの方々とは深く交流させてもらっております^^

さて、今年の北海道遠征ですが、昨年のようにHME開催より2日程前乗りし、旭川へ向かいホビーショップてづかにてGEKI店長との談義→お食事会を兼ねて旭川観光。
HMEへは、初日のみとなりますが、旅行最終日とし展示会参加。
と、言う流れです。

今年のGEKI店長とのお食事会にて、昨年初顔合わせさせてもらったみっこさんやARAさん、今回初顔合わせのマコトさん、
そして、土曜日にHMEにお世話になるタカ8さんまで駆けつけてくれました!!!
タカ8さん、、ホントお忙しい中、遅くまでありがとうございますっ!

これまでにGEKI店長から、毎年のように作品を頂いておりましたので・・・
今年は、私からGEKI店長へプレゼントと致しました。

それは・・・こちらです^^


左が、ワタクシノベアイアンさん。

右が今回プレゼント用に制作した「ベアイアンG」です^^

GEKIさんが好きな「赤」を前面に出してみました。

そして、GEKIさんのイニシャル「G」をおでこに!


こちら、マスキングでGの文字で塗装しましたが、クリアー前にシルバーパールで塗装したので、角度によっては消えたりウッスラ見えたりと、そんなかんじにしてみました^^;

GEKIさんに渡す前に、ベアイアンファミリーで記念撮影!!!


まぁ、、一番奥のベアリカさんも友情出演って事で(笑)

これまでにオマージュして頂けた方もおりましたが、ワタクシが制作するベアッガイさんは門外不出ではありましたが、4代目にて門出となりました。旭川でも楽しんでおいで~~。

GEKI店長、これからもよろしくです^^
( ↓ ↓ 以前、GEKI店長からプレゼント頂いた「Gくん」と記念撮影)

さてさて・・・、楽しい親睦会も終わり、土曜日からのHME!
タカ8さんと共に、札幌に向かい、作品展示搬入いたしました。

旭川→札幌と言いますと、北海道に行ったことが無い方は地理的に分からないかもしれませんが、高速道路で2時間ほどの移動距離です^^
朝5時半の移動で、8時前に会場入りし作品搬入!と言う事で、メンバー一丸となり進めてまいります。

今年は、「羅心会 with S.G.R」と言う事で、卓の3分の1程SGR卓としていただけ、ほんと感謝!感謝!です!!


こちら、我々羅心会ゾーンです。
良いっすね~~~~!!!日章旗。
ここに参加モデラーや様々なモデラーさんにサインや一言マジックで添えてもらっております^^
私も開始前に書かせてもらいました~~ww

この反対側がSGRゾーンとなります。

こんな感じで、横断幕まで巻かせてもらいました!

前回のブログで紹介いたしましたように、「旧キットVSMGキット選手権」の他、正面から「羅心会ゾーン」裏面に「SGRゾーン」の3部作に分かれます。

羅心会さん、SGRの他、ガトーさんやシャア大佐、バリ伝、マシーネンなどなど、多くのモデラーさんの作品で賑わっております!

HMEの作品を全て紹介するにも数が多すぎますので、、我々羅心会テーブルの紹介を致します^^;

【旧キット VS MGキット 選手権】
ギャン (タカ8さん)

高機動型ザク ジョニーライデン専用機(OGさん)

フルアーマーガンダム(Pulazouさん)

リックディアス(ぶちゃ:MGキット担当 & Re-co:旧キット担当)

【羅心会ゾーン】

【SGRゾーン】

【ガトーさんチームゾーン】

【ゲストゾーン】

如何でしょうか?
羅心会さん卓だけでもこれだけの作品群となります。

もちろん、この他にも数多く作品がございますのでツイッターやモデラー様のブログ等で確認いただけたらと思います。
また来年も羅心会さんへの応援も駆けつけに参加できるようでありましたら行きたいと思いますので、よろしくお願いします。

今回の北海道遠征も、GEKI店長ならびにTPCの方々、羅心会のタカ8さん、Pulazouさん、OGさん、ガトーさん、大佐さん。
色々と楽しませて頂きました!!!

親睦会などでもお忙しい中お時間咲いて頂きありがとうございました!
また来年も足を運びたいと思いますので、その時はよろしくお願いいたします。

HMEも終わり、次は・・・千葉しぼりさんのシネマ選手権に標準を合わせて進めてまいります。
その他、ロボダッチなどでも制作代行も現在受けておりますので(製作が遅れてすみません、、)、ちょくちょくブログの方にて近況報告いたします!

ではでは!!!

  


Posted by ぶちゃ at 18:41Comments(4)展示会・コンペ

2017年07月24日

HME2017に向けて

こんばんは。ぶちゃです。

来たる7月29日(土)、30日(日)、北海道にて、プラモデル展示会、HME2017が開催されいます。

今年も昨年同様に、我々SGRとして羅心会さんのサークルにお世話になる事となりました!

先日もブログでお伝えはしておりましたが、今年は、羅心会タカ8さんのご厚意でサークル名を「羅心会 With S.G.R 」とまでしていただけました。感謝、、感謝、、恐縮でございますっ、、汗

今回は、卓の1/4をSGRエリアとなり、我々も恥じぬことなく卓を盛り上げていきたいと思いますっ

今年の羅心会さんからのお題は・・・「1/100 旧キットVS MGキット 選手権」

このお題に、我々SGRとしまして、ワタクシぶちゃとRe-coで参加いたします^^

本来は一人で新旧キットを作るって所ですが、、SGRとしましてMG担当→ぶちゃ、旧キット担当Re-coでリックディアスを作りました。

レギュレーションは、旧キットは無改造の塗装で勝負!であり、MGキットは魔改造ありの無差別級だそうです・・・

このブログでも紹介しておりましたリックディアスが、このMGキットの作品となります。
懐かしのMAX塗りも、今の自分の旬でございます、、
これからもちょくちょくとMAX塗りの作品は出てくるかも?!

このリックディアスは、新旧キット選手権となりますが、SGR卓には、我々メンバー4人の作品を並べていきます。

今回でおそらく最後の展示・・・となる予定ですが、サイコガンダムを置かせてもらう事となりました。

サイコガンダムは、昨年のGBWC以降、ほぼ外での展示で出回っておりましたが、先日のヨドバシカメラさんの展示が最後と思っておりましたが、最後の地としてHMEで置かせてもらえるなんて、、ほんと夢のようです;;
50センチ四方なので、置く所が限られてしまうので、、HME以降はしばらく眠りにつきますので、最後の展示を皆さん見届けてください^^

その他のSGR作品ですが、

SGRテーマ作品【心形流キット】
・ぶちゃ:トライオン3
・COO:ガンダムX魔王
・Re-co:すーぱーふみな ティターンズVer.
・Moi:メガ式

鉄血ジオラマ作品
・ぶちゃ:グシオン 愚死怨~破壊神~
・COO:キマリス&グレイズ ~貴方を死なせるわけには~
・Re-co:ガンダムバルバトスルプス ~新しい血~

その他
・Moi:ミニザク

以上となります。

我々の作品は、ほんの一部に過ぎません、、
羅心会さんの他、私も今回お初となりますが、北海道のガトー様も、、同じ卓で展示となり、、ホント夢のようですっ☆
あぁ~こんな事なら、何かガトー機を作っておけば良かったと、、つくづく後悔、、

作品写真が私のだけと言う事と、、他の方の写真が無くてスミマセン、、
また当日の状況は当ブログやツイッターなどでレビューしますね。

我々SGRは、昨年同様にぶちゃ、COO、Re-coの三人で遠征します。
旭川への観光も兼ねてGEKI店長にも会いに行きますので、今週の木曜入りして当日はお店に顔出します^^

HMEは、土曜のみの参加となり、作品だけは二日間置かせてもらっておりますので、どうぞよろしくお願いいたします!!!

おそらく首からベアイアンさんを下げてますので、、決して怪しいものではありませんので、、気軽にお声かけください^^;

ではでは、北海道で会いましょう~~~~
  


Posted by ぶちゃ at 23:15Comments(3)展示会・コンペ

2017年07月17日

ヨドバシ川崎店 作品展示入替

こんにちは、ぶちゃです。

とても暑い日が続きますね。
皆さん体調は万全で3連休を有意義にお過ごしでしょうか?

この暑い日、無理に外出しなくても、模型で楽しめます・・・!

と、言う事で、7月15日(土)にヨドバシカメラ川崎店様にてSGR作品の入れ替えを行いました。


前回までの作品は、ガンプラに拘り並べましたが、今回は見て頂くお客様目線でも色々と配置やジャンルも考えてみました。

その中でも、光物を中心としました。

光物と言っても、それほど多くはありませんが、電飾作品を少々と、今年の静岡ホビーショーにて制作した金色縛りの作品などを中心に、
お子様にも楽しんでもらえるようなものとしてます。

光物と言えば・・・前回までの主役でしたサイコガンダムも大役を終え引き下げましたが、今回のHMEに展示することになりまして、ここを最後にサイコガンダムはしばらく眠りについてもらう事となります・・・

では、ヨドバシ展示の作品を紹介します。

前回同様に、レジの前に置かせて頂いております。非常に目立つ所に置かせて頂き、、ありがとうございます(汗

上段【KOTOBUKIYA系】

チェルミナートル ラトロワ中佐専用機
製作:ぶちゃ

武御雷
製作:COO

ライガーゼロバンツァー Ver.A-GATO
製作:ぶちゃ

二段目【ガン王入賞作品】

ガン王中学生部門1位
ありがとう...エクシア
製作:COO

ガン王チーム部門2位
宇宙旅行~わしと孫~
製作SGR(ぶちゃ・COO・Re-co)

三段目【台座、ヴィネット系作品】

すーぱー百式ふみな
ゴーシャス
製作;ぶちゃ

ユニコーンガンダム2号機
バンシィ 最終決戦仕様
製作:Re-co

忍法ムササビの術
SD隠密頑駄無
製作:ぶちゃ

下段【キッズ?!コーナー】

リアルミニ四駆
スピンコブラ
製作:Moi

ポケプラ リザードン
製作:Moi

ロックマン&ブルース

シンデレラ城
製作:Re-co


以上、13作品の展示となります。

今回のLEDの電飾作品は、バンシィ、宇宙旅行、スーパー百式ふみなとなりますが、実に宇宙旅行に関しては、ガン王以降初の電源ONとなりました・・・が、、残念な事に、あかるいばしょなので、台座の星空がほとんどわかりません、、、(涙
お店が消灯されれば・・・かなりな威力を発揮します^^;

バンシィについては、今となってはRe-coの代表作ですね。全身に張り巡らされたサイコフレームのLED表現は圧巻です。
暴走するサイコフレームの表現方法とするプラ板による改修も見どころです。

また、下段に位置しますMoiさんのキャラモノの作品もとても繊細で温かみのある塗装で、愛着が湧きますね。

前回に引き続き、今回の作品入替でも作品として置いておりますCOOさんの作品、ありがとう...エクシアですが、今回も置きたかった理由がありまして・・・
ガン王で入賞した作品二つを横並びで置いたことが無かったので、今回実現いたしました!

ワタクシぶちゃの一番のお気に入りは・・・隠密頑駄無だったりします^^;

またしばらくの間、ヨドバシ川崎店様に展示しておりますので、お近くにお越しの際は是非ご覧ください!


  


Posted by ぶちゃ at 15:16Comments(0)展示会・コンペ