2017年11月19日

1/35 ニューガンダム制作記(まとめ)

こんばんは。ぶちゃです。

八潮模型展示会も無事に終え、今年の予定する展示会は、全て終了いたしました。

早いもので、気付けば年末に差し掛かっておりますね・・・

今年も模型に励み楽しい一年となりました。

新たな模型仲間やサークルの交流もあり、とても充実した一年であったと感じております。

ここ2~3ヶ月は、少々ドタバタ感がありながらの状態でブログ更新をしてきましたので、模型制作記としては端折りながらの更新でした。。すみません、、

で、そんな今年の作品たちをこれから暫く振り返っていこうと思います。

先ずは、、、先月制作したニューガンダム。

作品名は「ロンド・ベルのフラッグシップ機」としました。



シネマ選手権用の作品ではありましたが、今となってはサイコガンダムに変わる自分の代表作になったのかな?と思っております。

製作期間は、2ヵ月半で少々ハイペースで作った感じでした。
フルスクラッチと言うハードルがかなり高く感じてましたが、日頃部分的にスクラッチをしていた事から、それぞれの部位の集合体と考えれば、出来なくもなかったのかな?と思っています。

結局のところ、フルスクラッチって「根気」が完成させるために一番必要な精神力でして、、完成していない物も多々あったりと。。
今回は、コンテスト作品と言うこともあり、最後まで作りきれたのであるかと思います。キッカケって大事ですね~。。

では、早速ですが、各所のカメラショット。






チェーンが布を剥ぎ取るシーンではありますが、実際の劇中のニューガンダムの状態から、だいぶアレンジしています。

1/35スケールに収めているため、腕や肩パーツは再現していません。
周りの整備士も、劇中ではヘルメットの様なものをかぶっていますが、ここでは外しています。

あとは、映画の中でのチェーンの立ち位置など、実際に組み付けてみると、立っている位置が不明確であったりとしたため、少々アレンジを加え違和感が無い様にしていますが、、如何でしょうか。

製作途中は、今ままでツイッターでUPしたためブログでは履歴が残っておりませんので、製作途中の写真を以下に並べておきます、、


今までの作品で過去にないくらいのプラ板枚数を費やしました・・・

以上、ニューガンダム制作記(完成)と致します・・・

明日にでも、久々にモデラーズギャラリー様にUPしようかな~なんて思っています。

こちらブログでは、引き続き別の作品紹介を続けていきますね~。ではでは。
  


Posted by ぶちゃ at 00:28Comments(0)

2017年10月21日

シネマ選手権に向けてラストスパート!

こんばんは。ぶちゃです。

ブログの更新も1か月ぶりとなりますが、、少々作品制作に追われましてサボっておりました、、
早いもので、あと一週間に迫ってまいりました28日(土)の「千葉しぼり展示会」と29日(日)の「プラモデル文化祭」が連日で開催されます。

どちらも参加いたします^^

千葉しぼりさんの方では、シネマ選手権と一般作品展示の両方で参加いたします。
一般作品の方は、卓をSGR卓として4人揃っての展示です。

そして、シネマ選手権。
twitterでは、先にお伝えしておりますが、シネマ選手権用のニューガンダム・・・本体が完成いたしましたっ!


ジオラマ含めてオープニングの情景が伝わったでしょうか?

今回の作品ですが、サイズからしてフルスクラッチとなりましたが、色々と良い経験となりました。

また1から作り起こすという意味でも、オリジナル要素はふんだんに入れ込んであります。
なので、「ここのモールドが違~~う!」「このレイアウトは違~~う!」は勘弁してください。。

映画とVer.kaのキットを参考に進めましたが、、これまたキットと原作内では全くの別物って事もあり、今回のニューガンダムは、自分の脳内要素で作り上げたモノとの理解でお願いします、、

それでも、10人が見たら10人がニューガンダム!って分かる顔は目指しましたよ(笑)

もうちょっとシネマ選手権用にシネマならではの要素を入れようと思いますが・・・
それは残り数日の制作期間でどこまで出来るかを決めていきたいと思います。

今日はニューガンダムの制作記事として・・・
台座の作成について書き残します。


台座・・・ジオラマの一部ではありますが、とても重要な役割をしています。

今回自分が気を使ったのは「高さ」です。

展示会用と言う事もあり、出来るだけ見て頂く方の目線に合わせて見せたい角度にする為に嵩上げしました。

と言いましても、とんでもなく高い位置ではないですが、通常スタイロフォームを使って作る場合でも5センチくらいかな?と思います。
今回は少し高めの12センチ。だいぶ高い。

ニューガンダムの作業現場と言う事で、少々高級感が出るかつ重量感のあるイメージを出すために、全周を蛇紋塗装にしました。
大理石調塗装ってやつですね。

この塗装は、意外にも簡単にできますが、前準備が少々面倒です。

綿を使い、それをマスキング代わりにして塗装をすると大理石調になります。
綿は100円ショップの綿でも十分です。繊維が短くても、繋ぎ合わせれば問題ありません。
ちなみに私が使った綿も100円ショップの綿です。
換気扇フィルターの様な通気性の良いフィルターをほぐして使う方もいるようです。


私はこんな感じで段ボールに綿を並べ、四隅をマスキングテープなどで止め、この上をひたすらクリアーカラーなどでエアブラシで吹き付けます。
こうする事で、ある程度繊維同士が固まり綿のマスキングシートが完成☆

この出来上がったシートを台座に重ねます。


重ねたら、このまま上から塗装をします。


結果、こんな感じです。


至って簡単。

今回の例は、台座下地を黒で塗装しておき、綿のマスキング塗装を白で塗った場合です。

この綿の切れ目の大きさで表現が圧倒的に変わると言う事と、一度作った綿のマスキングは、そこそこ使い回しが出来るので、多めに作っておいても良いかな?と思います。

また、今回の塗装も白と黒の塗る順序を逆にしても表現が変わるので、最後に塗る塗装の面積が大きい小さいに合わせて前後の色を選定すれば良いと思います。

これで重量感(高級感?!)は出たかと思いますが、もうワンポイント今回はアムロマークを入れてみました。


アムロマークと言っても、このサイズだと大きめなので、パソコンからイラストレータなのでマークを制作しプリントアウト。
それをマスキングシートに合わせてカットすれば、アムロマークのマスキングシートが完成☆


アムロマークの塗装は、クリアピンク→ホワイトパール→クリアーレッドの順で塗りました。

一番先のクリアーピンクは無くてもOKです。。。が、好みのカラーで塗るが一番(笑)

合間にホワイトパールを入れたのは、光の反射でアムロマークをギラつかせたかったためです。

単にシルバーでも良いんですが、こうすると最終的にメタリックレッドになってしまい、面白味が無いので却下。

最後に・・・

ニューガンダムのオープニングシーンで印象的な、ツインアイの保護シート・・・

これは、ビニール傘を使いました。

素材選びは色々と試してみたんですが、市販のビニール類は、厚みが無いと言う事と何だか安物っぽくNG。
塩ビ板でのバキュームもしたんですが、顔の形状に追従しすぎて自然さが出ない。。
それなりに厚めで引っ張っている感を出したい・・・と、言う事で辿り着いたのはビニール傘です^^;

ビニール傘そのままを貼り着けてしまいますと、透過し過ぎてしまうため、表面を薄っすらとホワイト塗装しました。
どうでしょうか?

今回のニューガンダム制作は、2か月半ほどかかりました。
意外と早いペースで制作が出来、フルスクラッチと言う意味では、自身初の作品であるかと思います。

シネマ選手権用の作品が完成しましたら、また再度UP致します。

ちなみに、こちらのニューガンダムは、翌日のプラモデル文化祭でも持ち込む予定です。
現在、文化祭用に制作しているギャン子もあるので、こちらも合わせて展示します。

プラモデル文化祭での私が展示する予定の作品は、以下となります。
では、来週の千葉しぼり展示会、プラモデル文化祭でお会いしましょう~~!
  


Posted by ぶちゃ at 17:27Comments(0)

2017年08月16日

2017年後半戦!

こんばんは。ぶちゃです。

早いもので、もう盆休みも半分過ぎました。。
会社によっては明日より出社される方や、人によってはこの盆休みが稼ぎ時の方々などなど、、お疲れさまです!
私は20日までおやすみとなりますので、模型にドップリと浸かりたいと思います。。

今年の後半戦・・・と言いつつも、今年もあと4ヶ月、もう折り返し地点なんて過ぎているのねん。。

勝手にHMEあたりが折返しと思っていましたので、、そういう意味での今年後半の模型関連の予定ですが・・・

10月28日(土)千葉しぼり展示会 シネマ選手権

10月29日(日)プラモデル文化祭

11月11日(土)八潮模型展示会(予定)

と、この3つが大きな所ですね。

特に千葉しぼり展示会と文化祭は連日となります。

プラモデル文化祭については、オオゴシトモエ先生のプラモデル教室受講生による文化祭となります。

で、今は千葉しぼり展示会のシネマ選手権用の作品を作成しております。。

以前にもお伝えしたかもですが、作品は「逆襲のシャア」としました。


シーンは・・・↑↑↑このシーンです^^

ニューガンダム初登場シーンが、私の中では最も印象的であったためです。

黄色い布をチェーンが剥がすシーンが有名ですね。

シネマ選手権・・・その名の通り、お題が「映画」となります。
普通に考えて、模型(キット)として存在するかしないかで、何の映画にするかも人によっては左右させてしまいますね。

私は(たぶん)結構映画は多く観ている方だと思いますが、どの映画の何のシーンを作るか・・・
色々と浮かんではいましたが、正直これだ!っと言う纏まりはパッと浮かびませんでした。

「ワイルドスピード」・・・「トラック野郎 一番星」・・・「アイアンマン」・・・「ホビット」・・・「ハリーポッター」

メカ物ならまだしも、ファンタジーモノってどうよ・・・。
もちろん間違っちゃいないのですが、モデラーとして新たなジャンルとなってしまうフィギュアをスクラッチって、、
見せ方やクオリティを考えた時に、本当に好きなシーンを選べても、それでいいの?を自問自答しました。

その結果ともなりますが・・・「逆襲のシャア」です。

やっぱり私自身はガンプラ模型をメインに進めてきたと言う事もあり、ここの標準を「ガンダム」としました。
ただ、、、キットは多く出回っています。
そこを恵まれた環境と取るのではなくて、自分が思い描いたシーンについては、あくまでもニューガンダムの上半身部分ですので、こんなにデカいニューなんて市販されていないよ、、
なら作ってしまえ。の勢いで、約1/35スケールのニューガンダムをフルスクラッチを決意しました。

twitterにて、既に胴体部分までの進捗具合をUPしております。

そのまとめとなりますが、現在の状況です。

こんな感じです。
両胸の黄色いダクト部分が、かなり製作で苦労しました。。

角度が付き、さらにホームベースのように六角形の繋ぎ合わせが、単に長方形の繋ぎではないので、ここは苦労しました。
しかも両側作成なので、これまた大変。

両脇腹部分も、そこそこ苦労しました。。
まだマスキングテープで着けている状態ではありますが、中身のメカも作っていきますので、出来る限り足早に進めていこうと思います。

また、今回のニューガンダム、出来るか分かりませんが、8月末までに本体とチェーンのフィギュアが完成すれば・・・
オラザクにはエントリーしておこうと思います。

その後、シネマ選手権用にちょっとした小細工を考えているので、ここはオラザクでなくても問題ないとして、、う~ん。あと2週間じゃ完成無理か。。

でも、出来る所まで進めてみようと思います^^

暫くこのスクラッチでの更新となりそうなので、途中合間合間にキットの改修記事は入れようかと思います。

上の写真の左上付近に映っていますホシノフミナもちょっと改修予定です。
何になるかは・・・まだお楽しみ☆

また明日からニューガンダムが完成するように付き進めてまいります^^>
ブログもちょくちょく更新できるように、、しますね^^;

最後に、このニューガンダムのボディーとMGのニューガンダムボディーのサイズ比較・・・


あはは、、、デカい、、

頑張ります^^;
  


Posted by ぶちゃ at 00:32Comments(0)