2013年11月23日

第16回オラザク選手権結果・・・

こんばんは。ぶちゃです。

今日、秋葉原のガンプラエキスポ2013に行ってきました~^^ノ
今となっては年一行事。いいっすね。。
行く度に熱いモノももらって帰ってくる。。
「燃え上がれ!燃え上がれ!燃え上がれ!ガンプラ!」
ちょっとユウキタツヤ気分^^;

で、今日アキバのホビー天国で、ホビージャパン1月号を買ってきました!
と言う事は・・・オラザクの結果発表!!!

ワタクシのキュベレイの結果は・・・如何に!

・・・・・・!?


圏外でした^^;

一次選考も通過できず、撃沈ですね~><ノ

いやいや。それだけ皆さんの作品が優れていたと言う事と、今の模型技術が高いと言う事ですね^^ノ

私なりに思いっきり改修したキュベレイ。正直やり尽くしましたので悔いありません。

それどころか、多くの課題が見えてきました^^

今改修中の2号機も、更に改修し甲斐が出てきました。

ホント・・・初参戦のオラザクでしたが、ホント超レベルの高さに驚きですね。
オラザクの大賞は・・・・、皆さん雑誌で確認ください^^;

私のキュベレイもここで紹介しますね^^ノ
 


作品名は「 ~HANA~ 」としました。
単に、漢字一文字で花でも良かったんですが、なんだか横文字の方が良いかと・・・。

キュベレイは、蝶々をイメージし改修される方を多く聞きますが、私は女性らしくと言う事で花をイメージ。
また、女性らしさと言う事で、細身に改修することを心がけました。

改修前の機体と比べると、こんな感じ。

 

左はオリジナルカラーですが、未改修のMGキュベレイ。

単体で見ると、あまりプロポーションいじられていない感じなんですが、こう並べると違いが判るかな~。
背も高いです^^

でも、プロポーション的に思う事は、細身にしたけど、ちょっと胴が長かったかな~。。。

また、今回のアクションポーズで再現させたかったのが飛行形態!

 
ジャキーーーン!っと、バインダーを下せます。

 
 

こんな感じで、飛行形態を再現。
バインダーのみを下すことが構造上不可能だったので、肩パーツ毎回せるように改修してしまいました。
以前ブログにUPしたので、詳しくはそちらまで・・・

今回の改修は全身に渡り行ってますが、モノアイ点灯させるためにライトユニットをシッポの中に隠しました。


 

シッポもコンパクトにしちゃったので、ユニット収まるかどうかが心配でしたよ・・・
でも、なんとか収納^^ノ
すごいっすね。こんなにちっちゃな点灯ユニットが存在するんだから。

キュベレイの腰パーツが、オムツのようなカボチャパンツなので、こちらもスッキリ改修させました~

 

地味ですが、ほぼスクラッチです。
写真は、おちり側からですが、どう?カボチャっぽくないでしょ?

足と組み合わせるとこんな感じです。

 

腹パーツも組んだ状態ですが、結構スッキリ☆

内部フレームは、前回のガトザクの様に赤く塗りました。

ワタクシ、真っ赤な内部フレームが大好きなのです。。

当時見たガンダムのアニメ・・・内側が赤かったドム!!!
・・・その衝撃が忘れられず、内部の塗装は無意識に赤ですよ。赤!
カッコよかったなぁ・・・。

足は、かなり延長させてます。
ひざ部分にプラ板追加と、くるぶし部分に1パーツ埋め込み。
こちらは、旧ガンプラのサザビーのパーツをミキシングしました。

バインダーの改修。先程の飛行形態だけでなく、バインダーの内側にも拘りを・・・・。
見えないオシャレってやつです。
 
光の反射具合でわかり辛いですが、今回のキュベレイは表面は半ツヤ仕上げ。
バインダーの内側と肩パーツ(その他一部)のみクリアー塗装にしました。

バインダーの内側改修は、動力パイプっぽい箇所をプラ棒とディテールUPパーツでスクラッチ。
あと、なるべくシンプルにさせたかったため、余分な部分は削除し、のっぺりとさせました。
スラスターっぽい所も排除し、ツンツルテンに。

 

バインダーは、こんな感じに重ねあわせています。
キュベレイ2機分使っているので、バインダーは8枚仕上げ・・・。

題名にした「花」とする象徴的に表したのも、このバインダーだったんですが、効果薄かったかな?!
花びらのように複数枚のイメージ☆
また、淵をうっすらと緑色にしました。

実際の花を参考に塗装したんですが、花びらは茎に向かって緑掛かっていることから、そのようなイメージで塗装しました。

後は主な改修部分を紹介。

 

袖口も全てカットしプラ板でストレートに。

指先に向かい、青白くしているのは、女性機と言う事で、マニキュアのように表現。

 
スネの外装は、キュベレイの内側パーツを両側とも使ってます。
これでかなりスリムになったんですが、一応裾広がりを表現させるために、外側パーツの一部を切り取ってニコイチにしました。



カカトパーツも、内側のカカトパーツを繋ぎあわせているので、細身なカカトになりました~
あとは、ビルダーズパーツのメガ粒子法(だっけ?)パーツをバーニヤっぽく埋め込みました。

 

胴体。これは、かな~り細身です。胴体中央部はスクラッチ。
ノイエジールのシッポを切り刻み、スクラッチしました~。
原形があまり残っていないので・・・ここまでしてしまうと、プラ板のスクラッチの方が早かったかも。。
四角い動力パイプっぽい物は、プラ板を重ねあわせて作りました。

この消灯しているモノアイ、かなりお気に入り。
ピンクのクリアーパーツも良いんですが、如何にも休止している感じが何とも言えない良い味。

 

シッポ。ファンネルコンテナ。
こちらもチラリズム的にクリアーで塗装しました。
シッポと胴体を繋ぐグレーのパーツはスクラッチ。

以上!

いやぁ、今回の改修は、ほんと楽しく出来ました。

ただ、締め切りに少々追われている感があったので、気持ちとしたらもう少し余裕をもって楽しみたかったかな~って所です。

今回このキュベレイを完成させ、改めて思ったことは、やっぱりその機体の枠にまだまだ捕らわれているな~と感じました。
完成単体だけで見てしまうと「キュベレイ」って事が分かるだけに、もうちょっと冒険しても良かったんだろうな~と。
これでもだいぶいじったんですけど、やっぱり忠実さが残ったかな~と。

それを課題に、今制作中の複数の機体にも活かしていこうと思います。

とても長く書いてしまいましたが、最後までお付き合いありがとうございました!!!

これからも多くの機体を改修していきますので、お楽しみに^^

  


同じカテゴリー(MG キュベレイ)の記事画像
MGキュベレイ完成
MGキュベレイ、撮影開始~
MGキュベレイ、塗装002
MGキュベレイ、モノアイ改修001
MGキュベレイ、塗装001
MGキュベレイ、肩パーツ改修002
同じカテゴリー(MG キュベレイ)の記事
 MGキュベレイ完成 (2015-06-22 22:26)
 MGキュベレイ、完成☆ (2013-08-31 20:36)
 MGキュベレイ、撮影開始~ (2013-08-25 23:16)
 MGキュベレイ、塗装002 (2013-08-25 01:01)
 MGキュベレイ、モノアイ改修001 (2013-08-19 00:03)
 MGキュベレイ、塗装001 (2013-08-16 00:07)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。