2014年11月10日

MG ゲルググ 制作記004

こんばんは、ぶちゃです。

ゲルググ、外装の塗装までがほぼ完了しましたので、一度仮組みチェック。

まだ、ハメ込むと取りにくい部分は組み付けておりません。

フレームのみにしますと、こんな感じです。

ほぼ赤! シナンジュレッドを吹き付けました。

私の拘り、赤いフレームは今までのMG全てそうしてきています。


今回のカラーリングで最も気を使った箇所。

腕、足、顔の部分のグレーに気を使いました。

私自身、調色はあまり好まないので、よっぽどの事がない限り色は混ぜ混ぜしません。


現在、恵まれているくらい多くのカラーが存在しますよね。ガイアカラー、Mrホビーカラー、その他色々。

なので調色せずに揃う事が多々。

何故私が極力調色を避けるかはですね、一体作り終えた後のリペイントで同じ色が作れないと言う事と、顔料を気を付けないとカラーが濁ってしまうなどなど・・・

今多くのカラーが存在するからこそ、このような贅沢な気持ちになってしまっているのかもしれません・・・

しかし、今回このゲルググのグレーに関しては、好みの色がなかったので調色しました!


グレーは3種類準備し、装甲毎に色を変える予定です。

使った三色はこちら。

ガイアカラーのニュートラルクレーI~IIIと純色グリーン。

このニュートラルグレーでトーン調整が利くため、これに微量の緑を混ぜます。

(この三色はヅダダダン!でもお世話になってます^^;)


調色で気を付けなけらばならないのは、明るい色に色を混ぜるときは、ほんの数滴でも色が変わる!と言う事です。

なので、「これくらいかな?」と、混ぜてしまうと、濃すぎた~~~と失敗しますので、、必ず混ぜるときは面倒でも数滴混ぜながら濃さを確認するようにしましょう。

で、調色した結果がこちらです。

写真じゃわかり辛いかもですが、それぞれトーン調になり、なかなか良い色になりました。

ちなみに、今回本体に使った色が真ん中のニュートラルグレーIIで塗装しました。

明日以降ですが、IとIIIを使い、装甲毎にマスキングし塗り分けていきます。

個の塗装が終わると、残りは

・墨入れ

・細かいディテール塗装

・デカール

・ウェザリング(少々)

で、完成です。

10日間モデリングって所でしょうか。

完成する前からこんなこと・・・ゲルググ、また近々作ろう・・・。

こりゃ楽しいっす。



タグ :ガンプラ

同じカテゴリー(MG ゲルググVer2.0)の記事画像
MG ゲルググ 制作記008(完成)
MG ゲルググ 制作記007(ほぼ完成)
MG ゲルググ 制作記006
MG ゲルググ 制作記005
MG ゲルググ 制作記003
MG ゲルググ 制作記002
同じカテゴリー(MG ゲルググVer2.0)の記事
 MG ゲルググ 制作記008(完成) (2014-11-16 23:50)
 MG ゲルググ 制作記007(ほぼ完成) (2014-11-15 01:11)
 MG ゲルググ 制作記006 (2014-11-13 00:34)
 MG ゲルググ 制作記005 (2014-11-11 00:06)
 MG ゲルググ 制作記003 (2014-11-08 19:45)
 MG ゲルググ 制作記002 (2014-11-05 00:29)

この記事へのコメント
赤のフレーム、新鮮ですね!

このままでもシャア専用に見えてしまう^^


ところで、ガイアカラーを使うときって
薄め液もガイアカラーのものを使用していますか?

以前に模型ファクトリーでエアブラシを使ったときに
ガイアのカラーとMrカラーの薄め液でやったら
あまりキレイに攪拌しなかったので…。

参考までにお教えいただければ幸いです。
Posted by kicksnare at 2014年11月10日 12:25
kicksnareさん>
コメントありがとうございまっす!

ですね~ですね~。。シャアっぽいんですよww
フレームのみだと、シャアゲルに見えてしまって・・・
しかし、組み上げると量産機に変身してしまいます^^;

うすめ液!そうなんですよね、、、
私も以前悩まされたことがありました。
メーカー様が言うには、ガイアに限らず同メーカーで希釈するのが宜しいとの事です。
それは・・・営業的に?って思いましたが、拘りなければそろえる事が一番!っすね。

私の当時悩まされたと言うのは、、悩みとは別かもですが、「所詮うすめ液、混ぜればすべて同じ。安いもので良いでしょ?」と、、、単純な考えから始めていたので^^;
いやいや、、うすめ液は大事な選択ですね。。

攪拌しにくさは、うすめ液だけでなく原液側にも原因があるかもですね。
顔料が沈殿して溶剤と分離しているタイプのカラーは特にメーカーをそろえた方が確実かもですね~
その原液に適した種類のうすめ液の選択も重要かと思います。
あとは、攪拌用にメタルボールを入れても良いかも知れませんね。

この顔料が原因とも言えませんが、ガイアカラーはここ最近多くのカラーが存在していますが、その分調色されていますので、顔料の沈殿が多いです。
また、ガイアや各メーカー様でも、塗装用途に合わせてうすめ液も出されているので、それに合わせて使用するのもいいかもです。

私自身、それ程多く試した訳ではありませんが、5~6種類ほど使い分け希釈をしてます。
が、、、ここ最近では、Mrカラーのラピッドうすめ液をメインに使っております。
乾燥が早いと言う事で、愛用しています。
私が使うカラーがたまたまマッチしているのかもですが、問題なく仕上がりが綺麗なので^^;

色々と書きましたが・・・参考になればと思います^^ノ
Posted by ぶちゃらてぃぶちゃらてぃ at 2014年11月10日 19:09
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。