2015年02月22日

MG 武者頑駄無Mk-II 制作記002

こんばんは。ぶちゃです。

武者頑駄無の脇立(角)をプラ板から削り出ししました。

イメージの黒田長政の脇立とするには、もうちょっと気持ち細くなので、明日微調整しようと思います。

あと、額部分に取りつくパーツは、キットのままだと五角形のガンダムのツノなし状態パーツが取付きますが、これを日輪にします。

これでだいぶイメージが変わったんじゃないかな~と思ってます^^

このキットって、恐らくほとんどの方が手を出していないキット・・・だと勝手に思っています^^;

そう言うキットって多少な改修をしても、その苦労が滲み出ない・・・元キットを知らない以上は、気付かれ難い。

が、残念な所・・・><ノ

なので、パッと見でも改修ヵ所にインパクトが来るように作るのも、希少キットを改修するポイント・・・と言うのが、私の勝手な持論です^^;

それと、人形顔が命!最も力を入れるべきは、顔!

と言う事で一旦、顔の改修は終了~

明日からは腕、足、腰回りに入ります。


で、今回の脇立のプラ板削り出しは、パテにしようか迷いました。

パテでは、気泡処理やシンメトリー制作に時間がかかると思い、プラ板をチョイス。


改修は、可能な限りプラ板で作り進めた方が良いかなと。

パテは乾燥後の肉痩せの問題、硬化の待ち時間、プラ側との接着、塗装などのデメリットを抱えます。

プラ板で制作可能であれば、後工程で助かりますしね^^


で、今回制作した脇立は、このように進めました。

0.75mmで、切り抜いた湾曲上のプラ板7枚。これが片側分です。

形状は適当で構いませんが、削りを楽にするため削り代を残す程度な形状が良いでしょう。

外側形状は、ハサミでザクザク切れますが、内側の湾曲ってハサミじゃ難しいし、カッターでは、ちょっと厚みがありすぎる・・・

そんな時は、ヒートペンを使うのが楽ちんです。

こちら、ワタクシ愛用の型抜き用のヒートペン。

ちなみに、こちらでスジ彫りも可能です。

金物のガイドに沿ってゆっくりなぞります。この時、下には必ずガラスを敷いてください!


こんな感じにスパッと切れます。

ヒートペンは熱で切断するため、切断面がドロドロになってしまうのでは?と思う方もいるかと思いますが、

このように型抜き用の先端具を使えば、フツーにカッターでカットしたかのように切り口が綺麗です。


7枚をセメントで接着します。

この時、瞬間接着剤はNGです。そもそも瞬間接着剤は用途が違いますので。。

で、ここからが難点。このプラ板をヤスリで削る訳です。特に内側のRをどうやって削るか?

まさかスポンジヤスリで地道に・・・は、何年かかるかわかりません。。

こういう塊のヤスリは、私がお勧めなのがタミヤ製の丸棒ヤスリ。これ、結構最強です。

値段は高価ですが、その分仕事してくれます。

ちょいと錆びちゃってますが・・・丸棒ヤスリの上の平板もかなり使えます。

鉄ヤスリは紙ヤスリと違って削る方向は一方通行です。

では、早速削り作業・・・

ちょっとピンボケ。。

このように、初めのうちはエッジをC面取りするイメージでゴリゴリ削って行きます。

このあと、円を描くように丸みを着けていきます。

・・・途中の写真撮り忘れちゃいましたが・・・二本無事に完成!

向かって右側が、まだヤスリが粗い感じですが、太さを微調整させて完成とします^^;

削り作業は・・・センスっ。。

何度か練習も必要と思いますが、馴れれば30分もあれば完成出来ると思います^^




同じカテゴリー(MG 武者頑駄無Mk-II)の記事画像
MG 武者頑駄無Mk-II 完成
MG 武者頑駄無Mk-II 制作記006
MG 武者頑駄無Mk-II 制作記006
そうだ 京都、行こう。
MG 武者頑駄無Mk-II 制作記005
MG 武者頑駄無Mk-II 制作記004
同じカテゴリー(MG 武者頑駄無Mk-II)の記事
 MG 武者頑駄無Mk-II 完成 (2015-05-21 23:35)
 MG 武者頑駄無Mk-II 制作記006 (2015-05-06 23:54)
 MG 武者頑駄無Mk-II 制作記006 (2015-03-23 00:17)
 そうだ 京都、行こう。 (2015-03-18 23:50)
 MG 武者頑駄無Mk-II 制作記005 (2015-03-13 00:18)
 MG 武者頑駄無Mk-II 制作記004 (2015-03-05 00:22)

この記事へのコメント
こんにちは~♪

ぶちゃらてぃさんもヒートペンで切り出しをしていたんですね♪
実は僕も切り出しなどはヒートペンを使ってるんです(^^
ほんとは超音波カッターが欲しいんですが、何しろ値段が・・・・

ヤスリもタミヤ製のを使ってますが、クレオス製の「匠之鑢・極 真打」も使ってますね♪
あれも結構なお値段ですが、切削性が高いので整形などにもお世話になってます~

ヤスリの画像で切り出されたプラ板を見るとかなりやり直されたのですか?
僕も1発OKなんてほぼありませんのでやり直す気持ちはよくわかります・・・
Posted by ゴエモン at 2015年02月23日 21:18
ぶちゃさん、おはようございます
しんごaikoです

ボクもMGC3参加します、よろしくお願いします

ボクも最近ヒートペンにはまっているんですが、キレイに切れてますね!!こんなこともできるんですね!!勉強になりました

ちなみにこの先端は自作したものですか?買ったもの??

では、武者mk-2楽しみにしていまーす( ・∀・)
Posted by しんごaiko at 2015年02月24日 05:59
ゴエモンさん>
コメントありがとうございますっ!!!
ヒートペン、すごく良いっすね。癖になります^^;
しかし熱持つまで少々時間かかりますが、待ってでも使う価値はありますね^^b
確かに超音波カッターは高いっすね・・・。
このシートペンは、贈り物なのでホント、、最高な宝物っす^^
写真で使ったモノは、十和田技研さんのもので、スジ彫りや型抜き専用の物を使っています。
今回は、全て一発OKで切り抜きました^^;
写真に散乱しているプラ板の端材は・・・、その他色々とパーツを切り取った残骸です^^;
これら何か有効活用したいなぁと思い、いつも捨てられません^^;

しんごaikoさん>
コメントありがとうございます^^
偶然ですが、今aikoが流れてますwww
おぉ!MGC3ご参加されるんですね!!!
MGでUPされているような超絶スクラッチで来るのでしょうか・・・楽しみにしております!!!共に健闘しましょう^^ノ
このヒートペンの先端は購入したモノです^^
すごく色々な物があり、迷いますね・・・用途によってかなり使い分けできそうですが、私は型抜きをメインで使っていますので、スジ彫り兼用の物を愛用してます^^
Posted by ぶちゃらてぃぶちゃらてぃ at 2015年02月25日 00:19
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。