2016年03月10日

HGグリムゲルデ 制作記002

こんばんは。ぶちゃです。
なかなか更新ができなかったのは・・・?!
体調不良ではなくて、PCのほうが体調不良になってしまい。。
とうとう家のSSDがご臨終してしまいました(涙)

PCは私生活の一部化しておりましたので、、これはこれでもうね葬儀ものですよ。
モケモケ止めてでも、PC復旧に時間を費やしていました。。

模型する前は、PCを組み上げるのも趣味でしたが・・・、頭が化石化しており、何からいじっていいのか迷ってしまった。
OSが入っている部分がSSDで、、BAIOS立ち上げて、設定変えて、、セッセコセッセコ。完了~^^ノ

5年前と比べ、SSDは安いんですね。

と、ちょっとPC話になってしまいましたが、グリムゲルデ、完成しました。

すみません・・・写真を撮り忘れました。
と、いうのは、既に販売に出してしまい、手元にないため、、出品前の写真となります。。


今回の改修ポイントは、

・うさ耳先端の鋭角化
・シールド裏打ち補強
・腕部分の後ハメ加工
・バンダイエッジ処理、サーベル先端鋭角化

そのくらいです。

あと、塗装はメタリック系に仕上げていますが、メタリックカラーは使っておりません。

どのような塗装かと言うと、、これは、ちょっと引っ張ってまた次回にUPします^^;

グリムゲルデを作られた方ならわかると思いますが、腕の後ハメは行いたいところですね。
塗り分け塗装でマスキングでうまく進めれば全く問題ないところですが、マスキング地獄になりそうなので、後ハメはお勧めです。

こんな感じにカットしました。

この部分ですね。
私はタガネで数回彫りこむ感じでパーツ分割させました。
それほど苦ではなかったです。
また彫り込む方向は、写真のように切り離す小さいパーツ側に向けて分割すれば、最後貼り合わせる時にのりしろ部分が出るので、後処理も行いやすいです。



切り離した状態。ハイパーカットソーでもいいかもですね。

あとは、腕パーツを接着し、合わせ目を消してあげます。


こんな感じです。

次に、シールドの裏打ち部分の補強。



すんません。。ほんと全然写真で残してなかったです。

左が、裏打ち部分にカットしたプラ板を貼り着けたものです。
右が、無加工の状態です。かなり押しピン跡が残っております。
セッセコやすりしても良いですが、、かなりな労力と、ここをそのまま残してしまうと、ちょっと目立ちますね。

プラ板の切り出しは、意外と楽に行けたりします。
シールド裏面にマスキングテープを貼ります。

貼り方は、縁に沿って貼り、太鼓のようにします。そうすると、内部が空洞の状態になります。
あとは、よく切れるカッターナイフを使い、縁の内側に沿ってマスキングテープをカットしてあげます。

それを全個所繰り返せば、欲しい形状にマスキングテープがカットされます。

このマスキングテープをプラ板に貼り直して、マスキング外形形状に沿ってカットします。

マスキング形状に沿ってカットすると、おそらく一回り大きくなりますので、あとはヤスリで微調整させて完成☆

すみません。。写真がなくて、言葉で書きました。

で、プラ板カットとは全然シールドがゴールドですが、、塗装については、また次回UPしますね~


・・・それと、今回のグリムゲルデは、ボークス秋葉原店様のB1にて、クリアケース販売しております。
よろしければお立ち寄りください~^^ノ

ではではっ



同じカテゴリー(HG グリムゲルデ)の記事画像
HGグリムゲルデ 制作記003 その他
HGグリムゲルデ 制作記001
同じカテゴリー(HG グリムゲルデ)の記事
 HGグリムゲルデ 制作記003 その他 (2016-03-12 00:55)
 HGグリムゲルデ 制作記001 (2016-02-25 00:16)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。