2016年05月31日

色々とやる事が山積み状態。。

こんばんは。ぶちゃです。

色々と山積み状態です。その分楽しいからいいんですが。

今日は、ちょっと今年のやる事を簡単にまとめてみました。

コンペ関連は・・・
==============

・初のGBWCの参加に向けて!

・千葉しぼりさんの旧キット選手権

==============

今年は、この2つに絞りました。
実に、、GBWCは、ホント初参加です。

一次通過すらしていないから、しら~~っと参加していない。。ではなくて!
ホント、、今年が初参加です。。

と、言うか、まだ作品は完成していませんが?!

たぶん、締め切りの9月1日までギリギリ引っ張り、この3か月間は作品にどっぷりつかります・・・

ホントは、息子であるCooも初参加予定であるのですが、ちょっと間に合うかわからない、、とつぶやいていたので、父としてピンチヒッターで取り組んでおります!

私の作品ですが・・・サイコを再改修しています。。

静岡ホビーショーで反省課題が多かったので、全てクリアーさせて、GBWCに挑みたいと思います。

ホントは、GBWCではなくオラザクを考えていたんですが、軌道修正をさせました。
どうせ出すなら実展示を狙いたいと思い、お世話になっているボークスさんへ持ち込みたいと思います。
(50センチ四方、、になりそうです、、)

あと、旧キット選手権の方も着々とすすめています。
私は以前宣言しましたが、ロボダッチで進めていきます。

ガンダスーツを筆頭に、他2体も着けようかと思います。


旧キットすぎる骨董品のようなものですが、現在ガシガシとメスを入れております。

まず、素組みw


う~~ん。かなりな昭和感です。
何気に、足の指を見ると、、、今に流行る「シイタケ」構造ですねぇ。

旧キットの改修である儀式 「 切断 」 から作業に入ります。


ガシガシ・・・ザクザク・・・と。こんな感じに切断、、


ちょっとパテ盛り・・・・乾燥待ち・・・

などと言った感じで進めています。

一応、、目指す状態としては「躍動感」です。

ロボダッチは、箱絵とキットを比較しても、ほど遠いい~~~感じでしたが、それでも、そこがいい味だったりするんですよね。
しかし、やっぱり折角の機会なので、箱絵のようにリアルにしたいです・・・。

しかし、このタマゴローのガ〇ダム感は、、今となっては版権が危険なデザインです^^;

こちらの制作記事も、これからUPしてまいります。

そして、先ほど書きましたサイコですが、既に静岡ホビーショーから持ち帰った後、ガシガシと改修を始めております。
まず、足ですね。足。

少々細身で、RX感が強かったので、モモを太らせました。


プラ板を箱組みさせ、サイコらしくディテしました。
う~~ん。このくらいの太さがいいですね。
あと、見え辛いですが、スネの両サイドにも、デカめのスラスターをプラ板で着けました。

足が太くなった分、ちょっと短くも見えますが?!少しスラッとしていたので、このくらいの方が良いでしょう^^;

あと、、、肝心な部分を再改修します!


この胴体の赤いライン・・・なんだかわかりますかね?

本来、サイコは変形します。で、変形時にこの赤いラインで割れるんです。

この私のサイコはですね、変形はオミットとしているものの、本来は可変機なので、この赤線部分にパーツ分割ラインがないと、おかしいのです。。

いくらオミットと言っても・・・ディテールだけでも概念は注入したいものです。

変形をする要領で、全体的の改修も今回の課題として入れております。

しかし、、ここまでの大改修を3ヶ月で終えるのか?

ジオラマも作る予定なので、、頑張ります><ノ

と、言った感じで、今年のコンペ作品も期限ぎりぎりまで負荷がかかりそうです。。


コンペ以外にですが・・・?!

今年、足を運ぶ予定の所をまとめてみました!

==============

・7月3日 山梨プラモデル作品展示会

・8月頃・・・? 北海道旭川遠征~☆(予定)

・10月30日 プラモデル文化祭

・11月5日 第三回 千葉しぼり展示会

・12月31日 年越しプラモ・・・?!

==============

などが、大きな予定でしょうか~

次回となる、山梨展示会には、昨年展示をさせて頂きました!
今年はですね、、二日間足を運ぶことが厳しいので、日曜日にでも行かせてもらえたら~なんて思っています。

ここ二年、足を運んでおりますが、小学生作品から熱い模型魂を注入させてもらっております。

今年も作品楽しませてもらいますね^^ノ

あと、また今年北海道に行きたいと思っています。
今年は、Cooも一緒に行けるように調整中・・・北海道貯金もしているし、また楽しみたいと思います!

あとは、、年末に向けて作品展示が続きます~。

・・・今年も結局忙しい!

その分楽しくまいります^^



で、最後にですね、先日キックさんからシイタケについて質問が来たので、簡単にですが、私の方でまとめてみました。

元々シイタケは、n兄さんが発生かな?と、、勝手に思っております^^;

色々とシイタケの汎用は、使うヵ所によりバリエーション豊富に使われておりますね。


私の場合は、可動部やスラスター、ここは熱が上がるだろう熱さまシート的な部分に入れております。


今まで入れ込んできた、ワタクシのシイタケは、こんな個所。


最後の武者は、シイタケと言うより、同一形状のプラ板を並べて甲冑の装甲に見立てた。って感じですが。

こんなような部分には私は多用しております。

この、同一形状のプラ板の切り出しが非常に。。。当時は困難でした。
少々のサイズ誤差で、思いっきり目につきますので、シイタケ作成は、かなり気を使います。

以前は、治具を作り、そこに合わせプラ板をカットしていたんですが、これまた時間がかかる・・・

ここ2年ほどは、チョッパーと言う裁断機を使っています。

こちら。
少々高価なものですが、、私は、このチョッパー2を使ってます。
チョッパー3も同一価格であったんですが、こちらにしました。

ちなみに2年使ってますが、刃こぼれもなく、切れ味抜群でサクサク切れます。
替え刃も買いましたが、、いまだ変えず。。

裁断したシイタケプラ板は、こんな感じ。

外形を切り落とす感じなので、ディテールは非常に単調になります。
凹凸を付けるためには、デザインナイフや、棒ヤスリなどで加工する必要が出てきます。

これをですね、高さ違いのプラ棒と交互に接着し作り上げます。
↓↓↓

こちら、以前ドムの制作記で使った写真の流用ですが、
1)右下のように、隙間となる細いプラ棒を貼り付ける。
2)1で作成したもの同士を貼り付ける
3)2で作成したもの同士を貼り付ける

を、繰り返して長くしていくのが最も綺麗につくと思います。

あと、シイタケの隙間にムラが出来ると非常にバラつき感が出てしまいますので、隙間で使った細いプラ板を、先端部分に挟んでおくと良いでしょう。

また、エバーグリーンなどの溝付きプラ板に差し込んでも作れます。

こんな感じに。
こちら、サイコのシールドの再度部分に使いました。

以上、今日は少々長々と書きましたが、参考にしていただけたらと思います^^;

ではでは。



同じカテゴリー(その他・未分類)の記事画像
謹賀新年2017 今後の予定
☆謹賀新年2016☆
おしらせ~
【模型番外】高尾山とベアイアンさん
プラロビ(準)完成☆
NEW YEAR 2015!
同じカテゴリー(その他・未分類)の記事
 謹賀新年2017 今後の予定 (2017-01-04 00:29)
 ☆謹賀新年2016☆ (2016-01-08 00:29)
 おしらせ~ (2015-08-25 23:43)
 【模型番外】高尾山とベアイアンさん (2015-08-12 00:58)
 プラロビ(準)完成☆ (2015-01-18 23:51)
 NEW YEAR 2015! (2015-01-05 22:20)

この記事へのコメント
おお!予定見ちゃった^^
今年もあと半分!
色々がんばってくださいねー
Posted by GEKI at 2016年05月31日 02:31
GEKI店長>
こんばんは~。どうもご無沙汰です^^
色々と残り半年も出来る限り飛ばしてまいります~。

まだ予定ではありますが、旭川決まりましたらまた連絡しますね^^ノ
Posted by ぶちゃらてぃぶちゃらてぃ at 2016年05月31日 22:15
ぶちゃさん、ありがとうございます!


チョッパーを使っているのですね!
アマゾンで見たらけっこうな金額…。
ボーナスが出たら前向きに検討しますw


自分は目立つところには多用せず
見えないところとかにシイタケを使うことが多いので
どうせ見えないだろう…と、あまり気にしていなかったのですが

最近は細かい部分にも気を使うことが
完成品としてのクオリティを上げるのに大事だと
最近痛感していますw
Posted by kicksnare at 2016年06月02日 08:44
kicksnareさん>
どうも、こんばんは^^ノ

シイタケ紹介、、ちょっと荒っぽい制作過程でまとめてしまいましたが・・・^^;

チョッパーは、非常に優秀だとは思いますが、使い方に制限が少々あります。
歯の長さが約4cmなので、大きいもののカットはできません。

それと、歯の耐久性から考えると、1mm以上のプラ板カットもできますが、硬質なプラ板やプラ棒などは結構負担かかるかと思われます。

キックさんのようにHGサイズのプラモ改修であれば、それほど大きなもののカットは必要ないかもなので、重宝すると思いますよ^^
エバグリなら、チョッパーであればサクサク行けます。

同一形状のプラ板切削やシイタケのストックを一気に沢山作っておくなど、ディテールパーツ量産はサクサク行けますので、今後の模型製作時間の短縮にはなるかと思います。

お勧めの逸品ですね~^^ノ
Posted by ぶちゃらてぃぶちゃらてぃ at 2016年06月02日 21:43
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。