2016年08月09日

サイコガンダム再改修003

こんばんは。ぶちゃです。

今年の夏季連休は、山の日の影響で変則的なおやすみの企業が多いんではないでしょうか?
私は明日から一週間お休みです。
考えたら、月~金が夏季休暇でないために、今年は9連休ではないのかぁ~。。
ちょっと損した気分、、、ですが、夏季連休明けの週末はいつもより早く来る!と思えばいいか^^;

今年は7月~8月にかけ、色々とイベント毎が多かった年ですが、この8月はサイコに集中します!

と言いつつも、8月もいくつかイベントがありますね~
池袋のガンプラエキスポに銀座のTHE ORIGIN展などなど、魅惑のイベントが沢山。。

今年は例年以上の猛暑予測ですが、サイコばかりでなくシッカリ外の空気吸って息抜きして満喫しま~す。

サイコ本体は、ほぼ9割完了しました!
リペイントとLED組み込みが終わったので、サイコ本体作業は一旦止めてジオラマに入ります。

その前に、LEDの組み込みについて、いーかげんUPしますね^^;

今回のサイコ本体へ組み込んだLED数は27個。

以外に多かったな~と思いつつも、両手の指先だけで10個使っているので、そんなにギンギンギラギラではありません^^;

LEDの組み込み個所は以下の通り。

・額:2個
・ツインアイ:2個
・胸部:4個
・両肩:2個
・腹部(メガ粒子砲):3個
・スネ部分:4個
・両手指先:10個
と言った感じです。

まず、頭部のLED。

この写真はLED点灯状態ではありますが、
ツインアイはクリアパーツを破棄し、透明粘土で作成し直しました。
額の粒子砲部分も同様に、円筒形の穴に透明粘土を詰めております。

透明粘土は硬化後も軟質なので、脱着は容易です。
また、完全に透過しないため、ボンヤリとした擦りガラスチックな光になります☆

上の写真は、何のエフェクト加工もしていませんが、ヴィィィンと光が横に走っているように写りました。
まさかこんな感じに撮影できるとは思いませんでしたが、透明粘土の効果?!かな~と、勝手に思っています^^;

また、透明粘土の良い所としては、LEDを消灯しても奥にLEDが見えない!って所が良いです。


先ほど透明粘土が脱着できると書きましたが、要はプラ材と溶着されません。
なので、プラ材を型代わりにして押し込めば簡単に作れます。
今回作ったツインアイ部分の透明粘土パーツはこんな感じです。

ちょっとわかり辛いかもですが、、左が透明粘土埋め込み状態。
右の写真が、取り外し状態。
質感がゴムボールっぽいので、使い勝手が良いですよ。
難点は、やすりが出来ない、エッジが出にくいって所ですね~。
あと、少々お値段が・・・

透明粘土パーツにLEDを埋め込んだ状態。

ゴム状なので、簡単に脱着できます。
こんな感じに埋め込んであげるだけで、装着は簡単にできました☆


お次は指先のLED。

ここは、何としてでもLED化させたかった点のひとつです。

自作ハンドが間に合わなかったので・・・MGジオングの指にLEDを入れ込みました!

ホント、、大変な作業でした。

LEDはチップLEDを使っていますが、小さいから良いだろうって思うものの、、一体どうやって入れる?!
と、なります・・・

やりましたよ。。

ピンバイスで、指のフレームに穴あけて通しました!


途中画像なくてスミマセン・・・

指の抜き差しは、一度埋め込んだLEDが断線しそうで怖いので、もう指は抜けなくしちゃってあります。

1.2mmの穴を指の中心部よりピンバイスで貫通させました。

ホント、、運良く全ての指を一発で貫通出来ました^^;

ただ、消灯すると指先からLEDが見えてしまいます。

この先端に透明粘土を入れ込んでもいいんですが、ジオングの指穴の溝が如何にも粒子砲の形状をしているので、このモールドを活かすために、今回はこのままで完成としました。

作品としては点灯状態を正としていますので、これでビジュアル的にはOKではないでしょうか^^;

もしマネされる方、くれぐれもピンバイスでの指のケガは気を付けてください。
私は何度か滑らせて危うく自分の指に穴をあける所でした><ノ


次に、肩・胸・スネ部分のLED。

この3ヵ所は、間接照明っぽく光らせることにしました。



間接照明っぽくしたかった理由は、スケール感を出すためと、勝手に考えております。

ハッキリした光で一点から光を放つものだと、どうしても模型が放つ光としての印象が強くなり、あまり立体物としての印象が薄れてしまうかな?!って思ったからです。

間接照明のイメージは、工場夜景をイメージしたんですが・・・

フリー画像からチョイスしました。ちょっとイメージし辛いでしょうか^^;
一点を光らせるではなく、部位としての光を表すって感じで。


最後に、腹部のメガ粒子砲のLED。

このメガ粒子砲こそサイコガンダムを象徴させる大事な部位ですね。

悩みました・・・ホント、なやみました。

単に光らせるなら、バーニヤ状のパーツの中心にLEDを置けば良いだけなんですが、
メガ粒子砲感には欠けてしまう。
如何にも現在充填中で、いつ発射されてもいい!!って感じな物に仕上げるには?!
に拘りました。

そこで私が想像するメガ粒子砲の発光イメージは、上の写真のようなリング状の光!です。
どうやればリング状に?!で悩み続けました。

上記パーツを組み付けた後での写真しか残ってないので・・・
作成手順を言葉で書きますと・・・

大小二つのバーニヤを、透明のプラパイプで繋ぎます。
そのプラパイプの中にLEDを入れ込む。

答えが出てしまうとアッサリですが、ここまでに辿り着かせるために色々と試行錯誤がありました。。

と、言う事で、ここまでがサイコのLEDの全貌です。


しかし、、、LEDでの代表的な入れ込みの・・・?!
バーニヤは???

はい。光りません!!!

ここは、私の拘りで光らせたくなかったからです。
地上に降り立つサイコなので、光らせる必要がない(噴射していない)と言う事でバックパックやスカートについている小さな4つのバーニヤ、それから今回新設したスネ部分のスラスターヵ所、細かなバーニヤ類などなど。
これらは光りません!(サボった訳じゃないょ)

世界観考えた上での光の演出なので、入れる所も考えた上で必要最低限にしています。


サイコ本体の再改修、以外に時間を費やしてしまい、、もうGBWCの締め切りまで一ヵ月切っているではないか!

ジオラマ付きで進めていますので、、急いで制作に取り掛かります!

次のUPは、今回のサイコの塗装についてをまとめたいと思います^^



同じカテゴリー(1/100 サイコガンダム)の記事画像
1/100 サイコガンダム Ver.GBWC2016 完成!
GBWC2016応募完了!・・・そして今後の予定!
サイコガンダム再改修004
HMEまであと僅か!
サイコガンダム再改修002
サイコガンダム再改修001
同じカテゴリー(1/100 サイコガンダム)の記事
 1/100 サイコガンダム Ver.GBWC2016 完成! (2016-09-02 00:26)
 GBWC2016応募完了!・・・そして今後の予定! (2016-08-29 00:47)
 サイコガンダム再改修004 (2016-08-18 01:07)
 HMEまであと僅か! (2016-07-25 21:53)
 サイコガンダム再改修002 (2016-06-24 00:16)
 サイコガンダム再改修001 (2016-06-10 00:23)

この記事へのコメント
お疲れ様ですー、間接照明いいですねー^^工場のその感じ、好きな人多いですよねー工場の写真の本が出てるくらいですから、そんな私も大好きですが^^残りがんばってくださいねー
Posted by GEKI at 2016年08月10日 10:55
GEKI店長>
どうもこんばんは~!間接照明は初めての試みですが、サイコ程大きいと、ちょっと建造物っぽさもありますし^^;
8月末までかかりそうですが、スパートかけて完成させます^^>
ありがとうございますっ
Posted by ぶちゃぶちゃ at 2016年08月10日 21:08
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。