2017年03月28日

MG リック・ディアス制作記001

こんばんは。ぶちゃです。

ここの所、展示会などの記事が連発してしまい、制作記となる記事が無く、、、すみません。。

で、ホント久々の制作記事となります!!!

しかも、、今まで何の予告もなかったリックディアスです^^;

このリックディアス、北海道でお付き合いのあるタカ8さんの所でお世話になる予定です。

昨年より北海道の展示会HMEにて、羅心会さんのテーブルに置かせて頂き、今年も便乗させて頂きたく制作することとなりました^^

リックディアスは以前から制作したかった機体だったので、とても楽しく進めそうです。

で、さっそく現状ですが、


こんな感じです^^

非常に良いキットですが、さすがにもう旧キットMGと言えるくらいの年数は経っておりますので、かなりいじりがいがあります。

胸パーツは一体モノでしたが、両脇を切断し、スリット加工。

頭のコックピットハッチも、切り抜き球体パーツを使い大型化しました。

モノアイのトサカパーツもプラ板で一回り大きくし、かつ上面を平らに均しました。

意外と気付きにくいかもですが、顔を下に向けるため、フレームに穴を開け、顎部分を胴体に潜らせてあります。

ドムの様な重量感満載の機体って頭がめり込むシルエットがカッコいいので、今回は引けアゴ重視で進めました。

鳩胸部分が、パテ盛りとプラ板で形状変更させました。

これらパーツを分解するとこんな感じです。



一番下の腹部パーツは、何だかミニ餃子みたいだなぁ~。美味しそう。

両脇にある赤いラインのパーツは、両肩の縦長のパイプ部品をプラ棒と角パイプで工作しました。。
ホントの事を言うとですね、、このパーツ紛失してしまったので、作る事となりました><ノ

しかし、この状態のままだと、何の味気もなく以前の形状に近いので、少々ディテールUPは入れようかな?と思います^^

今回は、簡単に改修記事をサラッと載せましたが、今後ペースを速めていきますので、適度に更新していこうかな~と思います。

あと、このリックディアス制作の他に並行して進めているものもあり、、それがこちらです。

これだと何のこっちゃ?ですが~。
約1/35スケールでフルスクラッチ中のニューガンダムの顔でございます。

こちら、10月に予定しております千葉しぼり展示会にて行われますシネマ選手権用の作品となります。

逆襲のシャアのあるシーンを再現したく、作ることになりました!
果たして間に合うのかどうか・・・

しかしスケール1/35って、、流用するパーツがないので1から作っている訳ですが、なぜここまでデカいものを作るのかと言うのも、後々お伝えしていこうと思います^^;

ニューさんはだいぶ先なので、先ずはリックディアスから完成に至ります^^>





同じカテゴリー(MG リック・ディアス)の記事画像
HME2017に向けて
同じカテゴリー(MG リック・ディアス)の記事
 HME2017に向けて (2017-06-21 19:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。